トランジットの幸運を受け取る秘訣

sponsored link

ネイタルのホロスコープを使った幸運術をメインに

占星術を考えているのでほとんどトランジットの影響を

使った幸運術について書いていません。

しかし年末にかけて水瓶座時代に移行する重要な

プロセスの中で日食の件があったりと普通に

日常生活を送りながら感覚的に影響が多くなっています。

今日も月のトランジットが作る短い時間のカイトでしたが、

これも上手く扱えた人は家庭環境の中にかなり

エネルギーが流れ入ってきたことを実感されていると

思います。

私自身もブログを書くよりも先に動こうかと思いました。

しかし19時で終了するラッキータイムだったので

後から書いても役に立たちません。

10分くらいでささっと書いて直ぐに出かけました。

結果的に我が家には、今、強いエネルギーが満ちています。

ブログに書けないようなやり方ではありませんが、

このような方法は、その人のホロスコープの個性を

活かしたものでなければまったく効果がありません。

誰にでも効果があるような十把一絡げなスタンスでは

単なるお呪いになってしまいます。

見えない存在に守られる人、愛する人が見つかる人

という記事に

「ホロスコープを通して本当に愛を見つけるためには、

心を通わせる努力ではなく、ナチュラルに心が通う

何かを見付けることです。

心を通わせる努力を否定しているのではなく

それぞれの人がホロスコープを使って愛を見付ける

条件や前提として書いています。

どのようなこと、人、ものならばすんなりと

心が通うのか、愛を感じるのか、これに気付いて

素直になることが何よりも大切です。」と

書きましたが、このスタンスは、本当の愛を

見つけるためだけのものではありません。

トランジットの良い影響を受け取ったり

大きな悪い影響を小さな悪い影響にするのも

まったく同じです。

sponsored link

私たちの中にある沢山の人間以外の存在を

どのように認めてそれを外側に見出すかに

かかっています。

このような存在は一貫性がありますから

ある意味立派なパートナーです。

しかも小天使的キャラクターと役割を担っています。

このような存在は少なくとも自我を振り回すよりも

はるかに効率的に素晴らしい知恵やヒントを

与えてくれます。

控え目に言って効率的と書きましたが、自分の頭で

考えていたら思い浮かばない選択や気付けない方法を

手に入れることが出来ます。

このような助けを無駄にしないためのルーティンや

作法はあります。

それは決してお仕着せの道徳教材のようなものではありません。

その人の内界を支える倫理観の柱です。

このようなものは具体的な何かの中にあるものではなく

ナチュラルに心が通う何かを見つけてコミュニケーションを

図りながら次第に鮮明なっていく何かです。

この何かは自分自身と外側にある対象の側それぞれにあって

共鳴することで初めて分かることです。

ですから絶対にノウハウものにはなりません。

こうしたらカイトになりますよ、と言う形みたいなものは

確かにあります。

しかし共鳴しなければそれはただの理屈です。

そして共鳴は、気持ちで言えば感動ですからノウハウ的に

振る舞っても馬鹿丸出しみたいな状態になります。

他人から見たら滑稽なだけで本人自身にも何も起こりません。

これを他人を介してプロセスを辿るとお金を騙し取られて

終了です。

自分自身の内界を支える倫理観の柱と表現しましたが、

それが日常生活の中で具体的に何が担ってくれるのか

本当に共鳴するのかは、中途半端な姿勢では絶対に

分かりません。

何よりもこのようなアプローチ方法は、答えを知っていて

行うものではなくただ無心になって向き合うことで

思いもかけない感動をもたらすものです。

何より毎回答えは異なります。

共鳴が絶対的な条件である以上、その内界に応じた

礼儀や作法があって当然です。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!