自分らしい安らぎや楽しさを得る方法

sponsored link

トランジットの幸運を受け取る秘訣という記事の最後に

「自分自身の内界を支える倫理観の柱と表現しましたが、

それが日常生活の中で具体的に何が担ってくれるのか

本当に共鳴するのかは、中途半端な姿勢では絶対に

分かりません。

何よりもこのようなアプローチ方法は、答えを知っていて

行うものではなくただ無心になって向き合うことで

思いもかけない感動をもたらすものです。

何より毎回答えは異なります。

共鳴が絶対的な条件である以上、その内界に応じた

礼儀や作法があって当然です。」と書きました。

見えない存在に守られる人、愛する人が見つかる人

という記事に書いた

「人間以外の存在も

人間と同じような内面を持っていて

人間同士のコミュニケーション方法とは

異なるものの心を通わすことが出来る」何かを

見つけることが出来れば、生き辛い状況にあっても

幸せになれます。

その何かを愛と呼んでも構いませんし、

神と呼ぶ人もいるでしょう。

仕事と答える人もいるでしょう。

美しさやペットと答える人もいます。

これがないと愛があっても誰かの重荷に

なってしまって上手くいきません。

愛と呼ぶなら第8ハウスから活性化さしてみると

良いかも知れません。

求める愛に応じて他のハウスを利用する場合もあります。

sponsored link

神と呼ぶなら第12ハウスから試して下さい。

仕事ならば第6や10ハウスをどうぞ。

美しさは、種類が色々ありますが第2ハウスや

第7ハウス、健康美なら第6ハウスも良いでしょう。

ペットも第6ハウスです。

何かをどのように呼ぼうとその人自身が自分の内界に

対して背を向けると身体のどこかが傷みます。

それはある意味で本当の罪の意識かも知れません。

だからと言って我がまま勝手に生きなければ

ならないとか言うことではありません。

具体的な何かを通してそれと向き合うことで

生き辛さから解放されて欲しいだけです。

楽しく生きられるようになって欲しいだけです。

安らぎを味わって欲しいだけです。

ネイタルのホロスコープはそのような世界と

自分の自我を繋ぐ地図に過ぎません。

私自身のことで言えばこのような内界と自我を繋ぐ

地図としてホロスコープ以外に易を用いることもあります。

個人的な手段は、別にいくつかあります。

上手く繋げればなんでも構いません。

ポイントは、精神と身体それぞれをバランスよく自分自身の

内界と繋ぐ方法や手段を持つことです。

コミュニケーションを取りながらコントロールすると

言いたいところですが、コントロールは出来ません。

ただ丁寧に交流するだけです。

この丁寧の意味は、個々人でかなり変わります。

この丁寧さは、スピリチュアリズムと呼んでも

良いものです。

意識的に捉えて説明する場合、ホロスコープは

便利ですが自分自身のスピリチュアルな部分が

機能するならば占い方は何でも構いませんし

何でも占いになり得るとも言えます。

その手段はかなりの部分で偶然に支配されています。

その偶然に関してトランジットの影響を考慮して

取り組んでみるとけっこう有効です。

ホロスコープは未来のことであれ過去のことであれ

確認手段として用いると効果が増すかも知れません。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!