第12ハウス的自衛

sponsored link

例えばSNS誰かを傷つける人は、想像力が

欠けているからそのような行為が出来る

場合があります。

木村花さんのことがまだ記憶に新しいですが、

彼女を傷つける投稿をした人たちは、現実に

不幸な結末になり自分に類が及びそうになると

投稿やアカウントを削除した人がいたそうです。

そのような人たちは、最初から引き起こされる

結果まで想像出来ていれば木村花さんを

傷つけなかった人たちでしょう。

最後と言うのが自分の行為を責められるかも

知れないというのが残念ですが、誰かを

攻撃することに夢中になって自分が法律を

犯している可能性すら想像していないのです。

世の中は泣き寝入りする人ばかりではありません。

もしそのような人に対して面白半分に危害を加えたら

どうなると思っているのでしょうか。

第12ハウスを使って自衛するということは、

敵対する相手のイマジネーションを広げて

あげることです。

どのように広げるかはケースバイケースですし、

その人の個性や能力のよって異なります。

ポイントは、自衛手段として相手のイマジネーションを

広げるわけですから、その理由を示さないことです。

sponsored link

理由が理解出来ないのにイマジネーションが広がることに

よって生まれる感情は、不安に基づく恐れです。

所詮、実体のない灯籠の斧ですが相手が同程度の理解が

無い場合には、そこに自分自身の姿を見て恐怖します。

繰り返しますが、実体の無い自衛方法なので

本当に困っている場合は、現実的な手段を採用して下さい。

然るべき人や機関に相談し、納得できない場合は

相談相手を複数持ちながらその内容を自分自身で

考えることが大切です。

自分一人で抱え込まずにオープンにすれば様々な

ことが見えてきます。

危害を加えるタイプの人間は、自分自身の行為が

多くの人に知られないように行います。

もし誰に知られても構わないという人間がそのような

ことをする場合は、病んでいますから逃げるしかありません。

そのような相手は、そもそもの責任能力が疑わしいですから

まずは距離を置くことです。

最後に占星術的な手法ですが、第12ハウスのサイン(星座)が

ヒントになります。

自衛と言っても相手によっては攻撃と感じる場合も

ありますから具体的に書くわけにはいきませんが、

自分自身のセンスが鍵を握ります。

そして大切なことは相手にもセンスがありますから

自分のセンスをどのように解釈するか読み取ることが大切です。

この読み取りとイマジネーションを広げることがセットになって

初めて自衛手段になります。

これは第12ハウス的コミュニケーションスタイルです。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!