怒りや悲しみで生まれ変わるタイミングと月星座

sponsored link

ネイタルのホロスコープの月にトランジットの

土星や天王星、海王星、冥王星がハードアスペクトを

作る時は怒りや悲しみが湧き易くなります。

この怒りや悲しみは、生き方の価値を変える

エネルギーを生み出します。

月星座によっては、崩れ落ちる感覚が優先して

再生するまで時間がかかる場合もありますが、

決して悪いことではありません。

時間をかけて再生することで生まれ変わることが

必要だからこそそのサイン(星座)の月を持っているのです。

どの星座の月が良くてどの星座が悪いということは

ありません。

蠍座、牡牛座、獅子座、水瓶座といった固定サイン(星座)の

星座は変化が劇的になり易い傾向があります。

特に蠍座は、水のサイン(星座)ですから気持ちを

維持する力が崩れると一気に変化していきます。

それまでの情緒を維持するパターンが変わるという意味では、

水瓶座の月も激しい変化が起こる傾向があります。

牡牛座の月は、怒りと共に徹底的に戦おうとする中で

少しずつ変化していきます。

獅子座の月は、よりプライドを高く設定することで

自分を守ろうとしますが、そうしない方が再生は

早くなります。

他の星座は、環境と連動する範囲がはるかに広いので

固定サイン(星座)ほどではありません。

それでもやはり大変であり再生に時間がかかります。

特に太陽星座が固定サインだったりすると柔軟に

対応することを拒否しますから立ち直りに時間が

かかります。

sponsored link

土星や天王星、海王星、冥王星がハードアスペクトは、

割合時間をかけてきますからそれまでの感情の持ち方が

一度完全に脱皮するような状態になります。

ここからどのように再生するかは、ホロスコープ全体の

問題になります。

月星座は、単独で維持されるものではなくあくまでも

最後のエネルギーの受け皿です。

ネイタルのホロスコープの天体や感受点を通して

様々な要素を受け取ります。

このエネルギーの流れは、人によって違いますから

一つ一つの月との結び付きを再確認するような

プロセスが続きます。

それまでの月星座の価値観が崩れるから怒りや悲しみが

生まれるわけですが、それらは心の深い部分で堆積し

土台として役に立ちます。

そしてそれらは生きていますから

心を腐らさずにリフレッシュするタイミング

という記事に書いたような振り返りたくないような

堆積した部分に関しても間接的に酸素を送れるように

ホロスコープ全体の繋がりを時間をかけて再生します。

メジャーアスペクト、マイナーアスペクトが

なくても天体や感受点の間には繋がりがあります。

詳しくは知りたい場合は、自分で計算するしか

ありませんが再生を早めたい場合は、それもありです。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!