ホロスコープを使って愛を見つける一番のコツ

sponsored link

同棲や結婚生活が幸運になるポイントの続き記事です。

ホロスコープを使って生まれ変わるような

方法を幸運術として書いていますが、その中で

愛情、恋愛、恋人やパートナーとの関係は

とても大きな役割を担っています。

特に第8ハウスの範囲に入って来る結婚や同棲

というパートナーとしての割合が高い関係は

とても重要です。

ホロスコープを細かく見ようと思えばいくらでも

細かく見ることが出来ます。

そして沢山のポイントがあるためにどこから

手を付けるかも悩む場合もあります。

そのような難しさを一気に解決してくれる視点が

「自分から見て自分自身と交際したいか、一緒に

暮らしたいか」という評価です。

これは、自分自身に対して厳しくなければならない

ということではありません。

自分をよく知るためです。

どんなに頑張っても変えられない部分だってあります。

そのような部分は、磨いて個性にすべきです。

そのような部分をホロスコープを通して考えると

天体が集まっていたり、過剰な表現を生み出し易い

アスペクトがあったりします。

誰かに鑑定してもらうと、鑑定人は目の前の人に

失礼が無いように言葉を選びますが、自分自身は

自分の裏の顔もちゃんと知っていますから、生まれ

時間が分からなくてもそのような部分も併せて

考えればかなり本当の生まれ時間に近いホロスコープを

作ることも簡単に出来ます。

sponsored link

ましてや最初から生まれ時間が分かっていれば

後は正直に照らし合わせていくだけです。

その時に自分自身が自分と交際したいか?

結婚したいか?という視点で考えれば、様々な要素を

客観的且つ前向きに考えることが出来ます。

逆にこのような視点がなければ期待だけで

ホロスコープを見てしまい活かす視点になかなか

自分を置くことが出来ません。

期待だけでホロスコープを見てしまうと本当の意味で

戦略的に自分を活かす方法に気付くことが難しくなります。

誰かを羨んだり定期的に落ち込んだりそんなことは

当たり前に込みです。

それでも尚、もっと良くなりたいと願う心は、ある程度

感情に基づきますが、じゃあ、どうしようと考え始める

部分は、空白部分です。

ここに何を持って来るかで具体的な成果は恐ろしく

変わってきます。

この空白部分は自分自身の価値とは、全く関係ありません。

簡単に言えば「無」です。

その時々のやる気や学びでいくらでも変わる部分です。

だとしたら自分にあったやり方を見つけた方が得です。

しかし空白では、何も結論が出ないのでここに何かを

持ってきます。

その一つがホロスコープです。

もちろん他にも無限にやり方はあります。

どんな方法論であっても使い方が適切でなければ

役に立つことは難しくなります。

どのような方法であっても自分自身が自分を今よりも

好きになれるかどうかという視点でホロスコープを

活用してみて下さい。

自分のことは自分が一番知っています。

これは最大のアドバンテージです。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!