第12ハウスを通して自分を守る方法、その2

sponsored link

第12ハウスを通して自分を守る方法

という記事を書いたことがあります。

本当に困っている人がいてこの記事を読んでも

ノウハウ的なことは見出せないかも知れません。

ノウハウは、ありません。

第12ハウスは、見えない世界です。

基本星座は魚座であり、魚座の支配星は海王星です。

海王星は、厄介な天体です。

それはまるで死後の世界に自分を救うための

魔法の剣を取りにいく冒険のような話になります。

この時に死後の世界に入っていけるのは、水星です。

体(月)や理念(太陽)は、持ち込めません。

水星は、単なる道具ですから霊的には無色透明です。

現実(第1ハウスから第11ハウス)と非現実(第12ハウス)の

両方に身体と意識を持ったままアクセス出来ます。

起きたら忘れたとかイメージだけという月星座とは

異なり合わせる形ですが能動的なアプローチが可能です。

第12ハウスにある無限の力は、現実の中では何かを

幽閉するように閉ざされています。

そこから引き出して実際に力を持たせるためには

具体的な作用点が必要です。

この作用点は、結論から言えば水星星座(度数込み)が

作っています。

水星のコンディションは、その人の思考の生理です。

その生理が具体的な形を作り出します。

sponsored link

これに善も悪もありませんが、誤解を恐れずに言えば

デスノートみたいなものです。

名前を書いたら人が亡くなるという部分ではなく

見えない作用なのに使い過ぎたりすると敵対する相手に

気付かれます。

少なくとも関わっていると思われます。

第12ハウスを利用するということは、そこに水星の力で

何かしら書き込むから第12ハウスから引き出せるのです。

重ねて書きますが、第12ハウスがデスノートという

ことではありません。

第12ハウスに書くという行為のほとんどは、「知る」

ということです。

それは第1ハウスからだい11ハウスまでであれば

単なる知識ですが、第12ハウスから引き出された

イメージと合わさることでその知識は、自分を守る

道具(剣)になります。

それは一般常識どころか専門家から見てもまったく

異なる使い方をするために認識されません。

それは見えない(第12ハウス)ということです。

これが第12ハウスから取り出される剣です。

自分を守るためにこの剣を使えば自分を守れますが

傷つけられた人は、悪だと感じるでしょう。

たとえそれが自分を守るためであってもです。

ですから、やたらめったら使うと効果は減ります。

若しくは悪の様相を強く帯びてしまいます。

それでも相手に見えない剣は有効です。

剣の破壊力よりもどのように扱えば最も有効なのか

考えて使えば「悪」に映る要素がある程度消えます。

この配慮を怠ると「悪」が前面に表れ易くなります。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!