特定の人に感謝されながら仕事運を上げる方法

sponsored link

ややこしく書くとかなりややこしくなりますが、

一言で言うとバーテックスの宿命的な要素を

使った幸運術です。

バーテックスは、集団から期待されるものや

宿命的な人間関係について考えます。

太陽星座を使った方法と異なり特定の人にしか

貢献しないのでこの方法自体の力は、かなり

弱くなりますが、関わる特定の人の太陽星座に

乗っかっていくことで補っていきます。

バーテックスは、そのまま素直に使います。

バーテックスのあるハウスの支配星がどこの

ハウスにあるかを考えます。

日本でバーテックスのあるハウスは限定的ですから

そのハウスにあること自体を特別視するのではなく

そのハウスの支配星がどのハウスにあるかを

考えます。

「○○ハウスの支配星が○○ハウスにある場合」

という調べ方をするのですが、バーテックスの場合は、

144通りもありません。第5、6、7、8ハウスに

しかありませんから

第5ハウスの支配星が第○ハウスにある場合

第6ハウスの支配星が第○ハウスにある場合

第7ハウスの支配星が第○ハウスにある場合

第8ハウスの支配星が第○ハウスにある場合

の以上48通りです。

sponsored link

特定の人の太陽星座にのかっていく方法

バーテックスは、期待してくれる特定の相手

(集団力学のようなポジション)との関わりや

宿命的な関係において働く感受点ですから、

太陽星座のような努力次第でどこまでも伸びていく

ニュアンスはありません。

役割や期待に徹するという姿勢でも良いのですが、

組織や宿命的な相手に太陽星座の働きが無い

ということは、あり得ませんからその辺りを意識して

対象となる相手の太陽星座やハウス、アスペクトと

いった太陽全体のコンディションに沿っていくと

社会的に伸びていけます。

バーテックスは、自分自身の太陽星座を活かした上で

補助的に考えると良い感じになります。

何故かと言うと本来宿命的な関係は、パートナーとの

関係に還元されることが多く、現実問題として

パートナーとの不和を抱えながら発展することは

無理があります。

集団から期待される役割と言っても集団が直接命令

するのではなくやはり特定の誰かと接点が生まれます。

このような点が自分自身の太陽星座を利用する場合と

決定的に異なります。

太陽星座を使うということは、理想を具体化して

他者を照らすという姿勢であり発信する側に回ります。

追記

バーテックスと良いアスペクトの相性の相手は

誰かいますか?

その視点でこの記事の内容を膨らませると楽しみが

広がっていきます。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!