タロットカードで自分を占うお勧め

sponsored link

タロットカードは外側の運勢よりも心理的な反映を表します。

それは、他の誰でもない自分自身との対話です。

ホロスコープによって運勢の大枠を知った後に

本当の自分はどうしたいのか、どうしたら良いのかという

有効な自分との対話の仕掛けの一つです。

カードを引く時は難しく考えずに取りあえずポイントだけを

頭に入れておいて無意識に寝かせておくと良いタイミングで

知らせてくれるものです。

もちろん、その場で感じたことも大切です。

タロットカードには、マルセイユ版とウエィト版が

ありますが、ウエィト版で書いています。

8番の力と11番の正義のカードが入れ替わります。

大アルカナは続き記事みたいな内容ですが、

どちらのカードを選んでも物語に破綻は生まれません。

難しく考えずにおみくじ感覚で大アルカナカードを

引いてみると良い気付きが得られるかも知れません。

カードが逆になった場合は、意味も逆にして下さい。

意味が逆になってもさほど影響のないものもあります。

少しずつ詳細について書くかも知れませんが、

何を感じたかが大切なので解釈し過ぎる必要はありません。

0、愚者

リセットされた状態を暗示したり、そのような

状態を勧めている可能性があります。

しかし、その背景には大きな可能性を秘めています。

これを見過ごすかそれとも気付くかの違いは、

現実的な成果をまるで変えてしまいます。

気付かなければ無力です。

気付けばミラクルへの一歩を踏み出します。

1、魔術師

始める準備が出来たというお知らせ。

居場所が手に入るきっかけにがあるかも知れません。

2、女教皇

女性的な知恵が得られそうです。

3、女帝

豊かさが期待出来ます。

4、皇帝

安定や支配といったっことがキーワードになります。

5、法王

精神的な援助を得られる可能性があります。

6、恋人

何らかの形で結び付きが期待出来ます。

又は結び付きが大切なことが示唆されています。

7、戦車

目標等に向かって突き進む可能性があります。

若しくはそのような態度が大切なことを示しています。

8、力

調整やコントロールの必要性を訴えている可能性があります。

9、隠者

物事を探求する必要性を訴えている可能性があります。

10、運命の輪

状況次第では、運命に乗っていけそうな暗示になります。

sponsored link

11、正義のカード

バランスを取る必要性があることを訴えています。

12、吊られた男

新たな視点を得る必要性があることを訴えています。

13、死神

受身から能動への区切りを暗示しています。

14、節制

浅い意味では、ストップ。

深い意味では、浄化、生まれ変わるような体験の暗示があります。

15、悪魔

欲望は、快楽ですが精神の自由を奪うものとして拘束する

側面があります。

何かを誰かを拘束するか。

それとも欲望にとらわれて自分が拘束されるのか。

どちらも自分から動いてはいます。

自ら変化を起こす必要性を訴えている可能性があります。

16、塔

ハプニング的なものを通して新しい楽しみや可能性に

気付くことの大切さを暗示しています。

若しくはそのようなことが具体的に起こる可能性があります。

17、星

夢が叶うのに時間は必要ですが本当に求めているならば

繰り返しアプローチする大切さを訴えています。

18、月

不安という形で表れるかも知れませんが、しっかりと

見つめることで願いを叶えるための具体的なヒントが

得られる可能性を訴えています。

19、太陽

生きる意欲やエネルギーが増していく暗示があります。

20、審判

復活と言われますが、問題は復活の中身です。

欲しいものや好きなものを近付けてそうでないものを

遠ざける意識は、復活してくる中身を自分で

作り出してしまいます。

その状態を客観的に眺めると結局は何も

変わっていないことになります。

今の自分は、気になっている物事の全体の

どのような面を引き出してしまうのか

そのことに注意を払いなさいという暗示があります。

21、世界

取りあえず物事の完成ですが、再び、愚者によって

リセットされた状態まで含めて初めて完成の全体像になります。

これは悪い意味ではなく、そうでなければ完成は、不幸に

繋がっていくからです。

完成したことがちゃんと次のサイクルに繋がっていることが

とても重要です。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!