三浦春馬さんが死を選択した占星術的理由

sponsored link

1、サターンリターンの影響と太陽

2、変更を迫れる自我(太陽のアスペクト)

3、サターンリターンの影響と金星から生まれる葛藤

1、サターンリターンの影響と太陽

三浦春馬さんが、亡くなられたそうです。

生まれ時間が分からないのでホロスコープの詳細に

ついて急いで考えることは出来ませんが、今年

30歳という年齢を考えると太陽期であることは

分かります。

太陽は自分の様々な資質をまとめあげる天体です。

30歳はサターンリターンと大きく関わります。

自分に対する認識を支えてきた内容が周囲に

与えられたものから、自前で用意したものに

変わっていくタイミングです。

そのような大きな内面の変化を行うべき三浦春馬さんの

太陽(自我)のアスペクトを12時計算で見てみると

太陽は天王星、海王星とスクエアであり冥王星と

インコンジャクトです。

2、変更を迫れる自我(太陽のアスペクト)

太陽と天王星のスクエア

太陽と天王星のスクエアは、結果を早急に求めてしまいます。

一度自分に否定的な見解を覚えてしまうと

このアスペクトは厄介です。

太陽と海王星のスクエア

太陽と海王星のスクエアは、現実の自分と海王星的な

ビジョンを受け取っている自分を同時に両立させることは

かなり困難ですが、その強い必要性を感じます。

ですから普通の人は使い分ける必要があります。

(特別な才能があれば海王星的世界に生きるでしょう。)

このアスペクトを持っている場合で生き辛くなる場合は、

表の自分と海王星的ビジョンを生きる自分との両立に

困難を覚えるからなのですが、海王星的ビジョンの内容が

人に公言出来ない方法を取る場合は、何かとリスクを

抱えてしまいます。

有名人であれば他人に弱みとして握られることも

あり得ますし、表の自分自身のキャパシティーを

越えてしまい海王星的ビジョンを生きる自分を

道連れにして亡くなる場合もあります。

sponsored link

太陽と冥王星のインコンジャクト

このアスペクトは、冥王星という圧倒的な強制力を

持ったものが、自我(太陽)を根本的に作り変えてしまう

つもりで努力を求めてきます。

このような姿勢でサターンリターンの課題に向き合って

しまうと「もう無理」という気持ちになる可能性は、

十分に考えられます。

何となくは許されないからです。

3、サターンリターンの影響と金星から生まれる葛藤

(長所が仇になった可能性と三浦春馬さんの金星の資質)

以下は、生まれ時間を推理しない段階で考えられる理由です。

1、サターンリターン期間特有の太陽キャラクターの変化

に関わる困難さがあります。

2、しかも周囲から与えられる内容から自前のルールを

見出すために頑張るべき太陽のアスペクトが

三浦春馬さんの場合は、かなり大変な内容です。

3、加えて本来俳優活動に有利なノーアスペトと言っても

良い金星(木星とアウトオブサインのトラインを不採用)の

影響が考えられます。

このような金星は自分に主体を持たせません。

金星の依存的な性質を更に強めます。

この金星を恋愛に例えて説明すると、特別に決まった

好みがなく、その時々で素晴らしいと感じた異性に

向かっていきます。

一言で言えば金星期(25歳)までは、公私ともに

縛られない状態で状況に合わせて生きていることが

当たり前の感覚で生きてきている状態なのに、

急に自分の生きるためのルールのルールを

作りなさいと真逆なことを押し付けられて

自分自身の核となる部分が動揺している状態が

5年ほど続いていたことになります。

この頃に三浦春馬さんが実母と絶縁状態になったことも

子供時代からのルールを止めるという意味で精神的自立を

行うための宣言と考えると深い意味があります。

この金星は、俳優活動に有利なアスペクトですが、

仕事や一つ前の金星期でこのような姿勢で生きて

きているのに30歳前後(特に30歳前辺り)に

自分自身のルールは自分で決めないといけないという

見えない流れは、何もなくても大きなストレスを抱え易い

三浦春馬さんの自我には身に余るものだったのかも知れません。

12時計算(この日の誕生日であれば共通する部分だけ)で

目立つところのみで書いたので思うところがあれば

深掘りするかも知れませんが、非常に残念です。

どんな思いで新しいドラマの告知とかされていたのでしょう。

ご冥福をお祈りいたします。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!