三浦春馬さんが迎えるべきだった蟹座の新月

sponsored link

悩みから解放されて覚醒する蟹座の新月

という記事をアップしました。

これを書いている途中で三浦春馬さんが

後2日、3日思い留まることが出来れば

命を絶つほど悩んだのですから、きっと

新しい自分が覚醒していたと強く感じました。

(蟹座の新月には、アセンダントと

ドラゴンヘッドのコンジャンクションがあります。

これは、覚醒する運気を表しています。)

それと同時に現実の三浦春馬さんのお仕事の

スケジュール等を知ると俳優を辞めて

新しい生き方に踏み出すには人気があり過ぎた

ようにも思えて、亡くなることでしか

新しい自分に覚醒出来ないようにも感じました。

三浦春馬さんが亡くなった日は、月(エモーション)が

新月む向かって底を尽き真っ新になって次の

太陽と月のコンジャンクション(新月)を迎えるために

心が空っぽになります。

悩んでいる人ほど抱えている問題に対して

無力感が募る時です。

占星術を通して幸運になること、幸運術について

考えることは、ホロスコープに関する知識が必要ですが、

何かを感じることとそれはまったく別のことです。

感じたことを別にホロスコープ以外で表現しても

同じ物差しを使い続けていれば占うことは出来ます。

少し前の記事でタロットカードをお勧めした記事を

書きましたが、解説は現在一般的なウエイト版で

書きましたが、デザインはマルセイユ版が好きです。

カードの順番も違う部分があります。

そして自分自身の大切なことには易を使います。

易は、圧倒的にスピードがあるからです。

丁寧にイメージを広げる時はタロットカードが

良いと思います。

占星術ブログなので占いで例えましたが、感じたことを

表現出来るなら何でも良いのです。

三浦春馬さんも何でも良いと感じられたら、そのまま

俳優であっても感じたことを表現出来る可能性があった

のかも知れません。

もちろん、素人目に考えると自分以外の人物を演じながら

自分自身を表現することはどうなんだろうと思います。

他人になることで自分を活かせるホロスコープは

確かにあります。

三浦春馬さんの金星にもそのような要素がありますし、

第12ハウスや魚座にもあります。

そもそも誰のホロスコープにもある月や蟹座のハウスの

キーワードは模倣です。

誰かを通して活かせる側面は、誰にでもあります。

もし○○だったらということは、現実の人生には

ありませんが、三浦春馬さんのホロスコープと明日の

新月のホロスコープがイメージの中で重なって

考えても切ないことが強く浮かんできたので

記事にしました。

占星術的な本音を批判を恐れずに書けば

三浦春馬さんの死を通して今回の新月で覚醒した人は

一定数いると思います。

それはそれだけ三浦春馬さんに影響力があるからです。

そう言った意味では三浦春馬さんも明日の新月を

一緒に迎えます。

霊的に言ってもまだ彼はこの世にいるはずです。

彼が遺した作品を見て弔いとしましょう。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!