三浦春馬さんのアセンダントのアスペクト

sponsored link

三浦春馬さんのアセンダントのアスペクトで

採用したものだけまとめてみました。

リンク記事に三浦春馬さんのホロスコープでの

働きを解説しています。

三浦春馬さんの生きる姿勢と母親問題

1、生まれ時間について

生まれ時間を決めなければアセンダントは

不明ですが、生まれ時間については、個人的な

推理です。

2、アセンダントのサビアン度数は、蟹座29度

サビアン 「双子の体重を量るミューズ」。

もうすぐで獅子座ですが、未だに蟹座にいて

蟹座の様々な要素についてケアしているような状態です。

実際の行動としては、色々獅子座的なことに挑戦しますが、

やはり元の蟹座に戻って来ます。

その動機は、蟹座的仲間からの自立ですがやはり

蟹座の仲間の下に戻って来るのです。

もしかしたらこのような傾向を持つ自分自身の

行動の癖を獅子座の月を持つ三浦春馬さんは、

嫌だったかも知れません。

3、アセンダントと海王星のクインデチレ

強制的にイマジネーションの中に置かれます。

これを芸術的表現に置き替えるか、妄想として

取り込まれてしまうかは、トランジットを含め

その時々のコンディション次第でしょう。

sponsored link

4、アセンダントとドラゴンヘッドのクインデチレ

人間関係において何らかの強迫観念を持つ場合があります。

アセンダントとドラゴンヘッドが関わりを持つということは、

何らかの理由で新しい自分が目覚めるような作用があります。

他人との縁を通してそのような機会を熱心に求める

という解釈で良いと思います。

三浦春馬さんのドラゴンヘッドは、水瓶座の14、79度

ですが、ドラゴンヘッドはのサビアン度数は、逆回りなので

1度足さずに水瓶座14度です。

この度数はチャンスに恵まれます。

ですからクインデチレと言っても悪いことではなく

成功の最短距離に進めると解釈出来ると考えます。

三浦春馬さんの不安と仕事の関係

1、アセンダントと土星のオポジション

何事も真面目な姿勢で取り組みます。

考えなくても真面目になってしまうのです。

アセンダントで考える三浦春馬さんが愛される理由

1、アセンダントと金星のインコンジャクト

愛されるための振る舞いが自然と身についていきますが、

その内容は周囲の環境次第です。

№4、三浦春馬さんの色気とリリス

1、アセンダントとリリスのスクエア

色気があるとも言えますし、そのような目で見られるとも

言えるアスペクトです。

アセンダントにリリスが関わる場合は、出来るだけ

カチッとした服装を心がけた方が良いかも知れません。

三浦春馬さんの場合は、土星のアスペクトもあるので

このアスペクトの良い面を引き出し易いと思います。

№5、世話焼きな三浦春馬さんの命のデザイン

1、アセンダントとジュノーのトライン

無理なく自己主張出来るタイプの人です。

まとめ

アセンダントを見ましたが、硬さと柔らかさと

絶妙に働いていて生まれ持った生きる姿勢みたいなものに

リスクがあるとすれば海王星のクインデチレですが、

この部分に関しては、ここでは答えは出ません。

アセンダントが一応終わったので月について書きますが、

月と冥王星のスクエアがあります。

三浦春馬さんの誕生日はみんなこのアスペクトは

あります。

ドラゴンテイルと月がコンジャンクションなので

やはり母親との関係性に何かありそうです。

しかし調子の良い時は、どんな関係性でもノード軸の

母なる世界を味方につける考え方を自然にするものです。

このやり方は、ノウハウ的にも可能です。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!