ハーフサム 愛欲軸 効果

sponsored link

「ハーフサム 愛欲軸 効果」というブログ内検索が

あったので少し書いています。

相性と言えば、基本的にシナストリーを見る人が

多いと思いますが、シナストリーがそれほどでなくても

この検索キーワードようなものでも実際の影響力はあります。

ただ何でもそうですが、ホロスコープは全体的に見るもので

あってほんの少しだけ相性の良いポイントがあっても

それが決定的な意味を持つことはありません。

基本的な相性が良くて最後のトリガーになるような

感じです。

きっかけが生まれ易くなります。

しかしそれぞれのトランジットの影響もありますから

同時に恋愛に目覚めないと何となくスルーする場合もあります。

ハーフサムは、何であれ中間度数になるわけですが

そもそも中間度数をどのように考えるかと言えば「動機」です。

確かにモチベーションは上がりますから行動力がある人は、

恋愛関係の軸であれば誘うでしょう。

しかしモチベーションをあげるだけの基礎的条件が

欠けている時は動けないものです。

ましてや実行に移すには、かなりの好条件を必要とします。

愛欲軸に関して言えば、元気が無くなってくると

あまり関係なくなります。

sponsored link

そうは言ってもお互いが交流出来る範囲にいれば

それなりに感情に火が付きます。

愛欲軸からの同棲もあります。

あればきっかけが作り易いという解釈が現実的でしょう。

アスペクトを作る天体は、個人天体の方が良いです。

それ以外は、その天体が個人天体とどのような関係に

なっているのかで違います。

しかしその後に続いていくには、やはりそれなりの

他の相性も必要です。

そもそも愛欲軸を持っている側がどんなに相手を良いなと

思ってもその相手も同じように何かしら対応するものが

なければ一方通行であり片思いです。

相性が良い場合は、トリガーになるというくらいの

位置づけでしょうか。

シナストリーがそれほどでなくてもトランジットの影響込みで

結婚までいくカップルも沢山いますから、相性を空にある

星座ように固まったものと考えない方が良いです。

誰にでも矛盾する要素が大なり小なりあってどこかで

それを一部分昇華してからでないと結婚まで至らないことは

多々あります。

全てを一人の相手で何とかするのは難しいものです。

自分自身で背負う自分。

誰かと真剣交際して昇華出来た自分。

それでも残った支えて欲しい部分とそれを支えてくれる相手。

普通は、最終結論に至るまで何らかのプロセスがあります。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!