再び生まれ直すこととパートナー選択

sponsored link

三浦春馬さんの愛を傷付けた人(第6ハウス)と再生する人(第12ハウス)

と言う記事に

「・・・第9ハウスの星座を太陽に持つ人に

手伝ってもらうことがお勧めです。

第9ハウスの支配星のアスペクトの性質とその相手の

太陽星座の度数とでバランスが取れていれば上手くいく

可能性があります。

支配星のアスペクトが活発な場合は、相手の太陽の

度数は、完成度数であるか、反対星座の影響は入る前に

一度完成するような度数がお勧めです。

これもホロスコープ全体のこともありますし、

出来ればこのようなパートナーが良いです。

愛が育つための赦しを与えてくれます。

それはそれまでの愛を認識する条件を変える罪の意識を

軽減してくれる貴重な援助です。・・・」と書きました。

このようなパートナーがしてくれることは、少し奇妙な

説明になりますが、ホロスコープの第1ハウスから

第12ハウスまでを全ての星座を全て体験するような

試みです。

例えば自分の第9ハウスが双子座でパートナーの太陽が

双子座であれば、広く浅く可能性を広げてくれます。

「こういうのもあるよ」と情報を提供してくれます。

情報を提供するだけとも言えます。

同じような条件で蠍座繋がりであれば、12星座を使いながら

深く掘り下げていきます。

パートナーはプロのカウンセラーとして接してくれている

わけではありませんから、良くて12星座(12種類)の内の

2種類くらいの幅を作ってくれると思っていいかも知れません。

これで十分です。

残りの10種類は、自分自身で意識的に努力すれば良いですし、

愛情と共に1種類の可能性を示してくれるだけでも

自分自身の努力では得られないものがあります。

何よりも一番大切なものは、それまでの愛を認識する条件を

変更する赦しを与えてくれることです。

この変更は、恐怖や罪の意識でがっちりとガードされて

いますから、自分自身の力で解除出来ません。

絶対に誰かの愛が必要です。

それが必ずしもパートナーということではありませんが、

パートナーが最適であることは間違いありません。

生まれ直しが難しいのは、何度も赦しを与えられないと

すぐに愛を認識する条件は元に戻るからです。

それは不幸な人はずっと不幸なままであることを意味します。

月星座の相性は大切ですが、このような赦しは、太陽星座で

考えます。

同じ星座でなくても、トライン、セクスタイル、オポジションの

組み合わせまでは何らかの形で赦しを与えてくれます。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!