行き詰まりを解決する魔法の作り方

sponsored link

物事が行き詰ると気持ちも同じような状態になります。

そのようなことにならないようにする幸運術の紹介です。

ホロスコープを読んでどうしたら良い影響を

手に入れられるのかと考える人は多いかも知れません。

読むだけでも興味深いことは色々と分かるのですが、

実際にホロスコープを幸運術として利用するには

ちょっとしたコツがあります。

それは自分自身を含め、自分に関係する様々なことを

ホロスコープの内容と対照することです。

それらは、自分にとって何者で何を象徴しているのか?

これを問い続けて精通することでホロスコープは、

その人にとって魔法のような存在になります。

「自分にとって何者で何を象徴しているのか?」

と書きましたが、別に擬人化する必要はありません。

第12ハウスの星座によってここの部分のセンスは

変わってきますから自分自身や自分の周囲の人やものが

ネイタルのホロスコープの何を担っているのかを

知り続ける必要があります。

続けると言っても定期的に見直すだけでもかなり

違ってきます。

何らかの幸運を引き起こすには、少なくとも

自分自身の世界を把握しておくことが大切です。

これがきっちりと理解出来ていると他人が分からない

方法で自分をコントロール出来ます。

sponsored link

他人と比べてどうのこうのと客観的に考えるかも

知れませんが、他人や他の存在と対立するよりも

自分がどんなことをコントロール出来るのかを

知っている方が価値があります。

もちろん、圧倒的に有利な条件を持っていれば楽でしょうが、

それぞれに社会システムの一部として生きていますから

そうそう勝手なことは出来ません。

ですからそのようなシステムのルールからまったく

関係のない誰も知らない世界を見出せることは、

大きな価値があります。

そう言った意味では、三浦春馬さんのように第10ハウス

つながらない方が良いかも知れません。

もちろん、願いを叶えるという視点では三浦春馬さんの

形は素晴らしいものです。

これはこれでコントロール出来れば成果が

手に入り易いものです。

ただ自分しか知らないという有利さもあります。

秘密を守れない人には使えない力ですが、徹底的に

自分自身や自分の周囲が何を象徴しているのか知ることで

手に入る特別な力があります。

そして最も大切なことは、決まった答えを持たずに

自分自身や自分の周囲の存在と象徴の間を自分なりの

スピードで往復し続けることです。

ゆらゆらしている状態をキープします。

このスピードを自在に変えられたらもっと素晴らしいですが

そこまで考える必要はないかも知れません。

ゆらゆらしながら何かとピント合った時にその時の

正解をつかめます。

これは自分だけの正解ですが、良い突破口になりますし

連続してコントロール出来るなら具体的な手段としても

用いることが出来ます。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!