杏さんの離婚の決断とパートナー運

sponsored link

杏さんのパートナー運は少し特殊なので、前置きが

長くなっています。

杏さんの土星は、第11ハウスにありとても愛情を

強く求めるタイプの人です。

この土星とキロンはオポジションです。

それと同時にキロンは、両親軸の一端であるMCと

インコンジャクトで繋がっています。

このようなコンビネーションには、父親との関係性

において何らかの心の傷があることを表す傾向があります。

何も知らなければ性的な虐待を含めて考えるところですが、

杏さんの場合は、子供時代に渡辺謙さんのことで辛い

思いをされたことが分かっているので、MC、キロンと

第11ハウスの土星の意味するものが父親に対する

感情の書き換え(癒し)が必要なことを示しています。

父親が浮気する家庭は、他にも沢山ありますが、

子供にこのようなコンビネーションが出ることは

それほど多くないかも知れません。

血は繋がっていても親は、親であり子供はまったく

似ていない人生を歩むことは多々あります。

個性が違うのですから当然と言えば当然です。

だとするとどこかでバランスを取るはずです。

sponsored link

そのバランスの一つとして杏さんは、キロンと月が

コンジャンクションです。

杏さんが虐待されていたとは考えにくいので

もう一つ想定されるのは、何らかの理由で母親が

母親の役割を果たせずに杏さんが母親の役割を肩代わり

していた可能性があります。

このような傾向は、杏さんの気持ちに空洞を作ります。

娘(女性)としての自分ではなく常に自分自身を母親の

ポジションに置いてしまうのです。

ですから本当の杏さんは、強いイメージと裏腹に

愛に対して繊細で傷付きやすいタイプの人です。

なのに何故こんなに頑張らないといけないのかと言うと

第4ハウスの基本星座である蟹座の支配星の月がリリスと

コンジャンクションになっていて父方か母方かは、

この段階では分かりませんが(一般的には母方)、

先祖(ほとんど3代)に深い因縁があることが分かります。

因縁と書くと気味が悪いですが、因縁があるということは

何らかの形で先祖に気配りをすることで運が開ける

タイプの人という意味です。

気配りを怠ればそれはそれで面倒です。

つまり何故か杏さんは、父親、母親に対して何故か

家長的な立場と言うか家族を立て直すような少し

封建的な立場(キャラクター)にあるのです。

まるで江戸時代の長男と言うか家督相続者みたいな

ところがあります。

「本当の杏さんは、強いイメージと裏腹に

愛に対して繊細で傷付きやすいタイプの人です。」

と書きましたが、家と言うか家族を守るという点では

子供時代から背伸びしてでもその役割を果たして

きているところがあります。

杏さんの太陽は牡羊座の23度台ですからとても

強い意思を持っていますが、この意思は家族というか

古い日本のような「家感覚」に深いリアリティーを

与えています。

しかしこれはあくまでも杏さん自身の精神性です。

それは翻って両親の娘である自分を強く感じていることを

意味しています。

なぜ、記事タイトルと関係ないようなことを回りくどく

書いたかと言うとこのような杏さんの個性を前提にして

理解出来るのが杏さんのパートナー運です。

杏さんは、第1ハウスと第7ハウスがインターセプト

されていて他人から見える部分以外に人格の本質が

あるからです。

このような部分は、しばらく一緒に暮らしてみないと

分からないでしょう。

そして偶然にしては出来過ぎている気がしますが、

インターセプトされて隠れてしまっているハウスの

星座は、第1ハウスが水瓶座で第7ハウスが獅子座です。

これは水瓶座の支配星である天王星の行先が無く

前向きな働きをしないことを意味しています。

東出昌大さんの太陽星座は、水瓶座です。

そしてもう一つの獅子座ですが、獅子座の支配星は

太陽です。

この太陽も同じ理屈で行先がないので役立ちません。

太陽は、夫を表します。

太陽は、杏さん自身も表しています。

自分自身のニーズを消して家長的な役割を担っている

と考えれば納得出来ます。

東出昌大さんの唐田えりかさんとの不倫を入り婿の

若旦那が若い娘にちょっかいを出して息抜きをしている

と考えると妙にはまるところがあります。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!