槇原敬之さんの海王星絡みの人生の転機

sponsored link

東出昌大さんと離婚という人生の転換期

という記事の最後の方に小倉優子さんのネイタルの

ホロスコープのMCとトランジットの海王星の運勢について

「小倉優子さんは、ネイタルのMCとトランジットの海王星が

スクエアなので家庭が揺れているというよりも社会的な立場が

不安定な感じです。

何故、不安定になるかと言うと自分自身を不安な気持ちに

させる要因や人に対して失望しトラウマを思い出したり

そのトラウマのせいで強い怒りを感じるからです。」

と書きました。

今日は、槇原敬之さんに執行猶予判決がありました。

そしてそれと同時に活動休止を発表されました。

槇原敬之さんのネイタルのホロスコープのMCに対して

ほぼオーブ0度で海王星がトラインです。

社会的立場が不安定な状態を示す運勢ではありますが、

小倉優子さんと異なりトラインだったので2度目の逮捕で

ありながら執行猶予がついたのでしょう。

一度目の逮捕からの期間や証拠の有無も言われますが

執行猶予がつかない時はつかないものです。

極論を言えば冤罪もあります。

どちらにしろこのような運勢の時にには、何を始めても

最後までやり遂げるような状況にはなかなかなりません。

それどころか何かを思い出すと腹が立ってきたりと

心の安定もままならない状態が多くなります。

それでもトラインですから落ちついて海王星が

もたらす様々なアイデアを貯め込んでおけば

再び世に出せる機会があるかも知れません。

有罪判決を得て活動休止する槇原敬之さんがネイタルのMCと

トランジットの海王星がトラインで結婚生活でもめている

だけの小倉優子さんが同じ組み合わせのスクエアと言うのは

不思議な気がするかも知れませんが、人の内面が受ける

衝撃度合いは他人からは分からないといったところでは

ないでしょうか。

様々な人生の転換期がありますが海王星絡みはつかみ

どころが少なく強引になるとだいたい失敗します。

本当の機会が来た時にどれだけ素早くそして上手く

まとめることが出来るかが勝負です。

槇原敬之さんも執行猶予は付きましたが、この運勢の期間中は

まだまだ油断大敵です。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!