三浦春馬さんと相性の良い相手

sponsored link

記事タイトルを「三浦春馬さんと相性の良い相手」と

してますが、内容としては三浦春馬さんのパートナー

探しの旅です。

三浦春馬さんの恋愛という記事に、

「あくまで一般的な第8ハウス水瓶座で金星が

ある男性ですが、たまらなく寂しくなって何となく

元カノに連絡をとっても電話番号が変わっていたり、

住所が変わっていたり、場合によっては元カノに

次の彼氏がいたりします。

口説いている途中で間があいてしまって久し振りに

訪ねたら彼女の母親から「しばらく待っていたけれども

結婚しましたよ」と言われて結婚写真を見せられそうに

なるタイプの人です。

このようなことを繰り返しますから、よほど似たような

タイプの女性と出会わないと交際自体が続きません。

普通の言い方をすれば妥協出来ない人です。

しかしこの妥協の感覚、負けるわけにはいかないという

思いは、交際相手ではなく自分自身の繊細さであり

求め続けているまっさらな魂です。

それを具現化したいと願う三浦春馬さん自身です。

このような一面も三浦春馬さんを余計に孤独にして

しまったのかも知れません。」

太陽が牡羊座で月が獅子座で金星、火星が水瓶座ですから

一見すると何の矛盾もない感じがしますが太陽は、

山羊座の天王星、海王星にスクエア、冥王星に

インコンジャクトされてかなり内容が変わってしまいます。

月は、蠍座の冥王星にスクエアされています。

本当の相性は単純な話ではありませんが、まず大雑把に

大きなポイントは、太陽も月も蠍座化している

ということです。

太陽は山羊座化もしています。

公転周期の大きい天体の影響の方が強いので大枠では、

太陽も月も蠍座化しています。

この前提で恋愛に重要な金星や火星を見ると2天体とも

水瓶座ですから好みの女性と交際していても何かが

引っかかってしまいます。

しばらくするとそれは、自分自身の弱さが原因だと

気が付いて何とか自分の好みを優先出来る人間に

なりたい願うかも知れませんが、実は弱さではなく

そのような個性です。

これは厄介なことです。

何故、太陽や月にトランスサタニアン(天王星、海王星

冥王星)のハードアスペクトがあると良くないような

言われ方をするのかと言うと愛情運が難しくなる

傾向があるからです。

もっと言えば愛情運を犠牲にすれば仕事運は上がりますが、

(現実な愛とお金はセットです)

切り離して考えると愛に対して精神的な価値を

求め過ぎて理想が高くなります。

どんな人と交際してもどこかしら引っかかってしまうのです。

かと言って精神的な面を放棄するわけにもいきません。

sponsored link

三浦春馬さんの場合は、第8ハウス水瓶座にある金星問題

だけではなく太陽や月にも同じ問題があります。

第4ハウスにはリリスと冥王星があり、第12ハウスには

キロンがありますから愛情面に関して試練ばかりで

落ち着く先がありません。

第8ハウスの金星自体は、案外甘え上手な感じになるのに

第8ハウスのカスプも金星も水瓶座です。

まだ星座の性質だけを大雑把に外枠を考えている段階ですが、

このような隠れスクエアな性質を抱えている場合は、

どちらにも偏れませんから永遠に走り続ける(往復運動)

ことを選びます。

恋愛がどうのこうの以前に生き方としてその方が楽だからです。

ですから基本的に太陽や月の相性が良くて尚且つ異なる

理由で同じような葛藤を抱えている女性か、同じような

理由で異なる葛藤を抱えている女性で三浦春馬さんと

同じように努力出来る人ということになります。

これだけでも、そのような女性はそうそういないような

気がしますが、もう一つ重要なポイントがあります。

それは三浦春馬さんが一度頑張ることを止めることです。

葛藤を放置して自然に落ちていって自然に止まるところを

知ることです。

そこに本当の三浦春馬さんの姿があります。

太陽牡羊座が正しいとか月獅子座が正しいという

問題ではなく、冥王星蠍座の影響込みの自分自身の内面を

受け入れられるかどうかの問題になります。

ですからもし今回の事件から生還出来ていれば

本当の意味で出会えたかも知れません。

例えば三浦春馬さんと同じように月と冥王星の

スクエアを抱えている女性だと三浦春馬さんの第8ハウスの

金星は甘えにくくなりますから、女性はノード軸に何らかの

スクエアを持っているような感じだとお互い葛藤の種類は

違うけれども理解し合えるような痛みを抱えている

感じになります。

実際のこのような組み合わせのカップルも多くいます。

労わり合いながらも励まし合うことが出来ます。

ただの傷の舐め合いになりません。

もちろん、月星座そのものは相性が良い方がお勧めです。

三浦春馬さんが獅子座ですから、火や風の月星座で

あった方が良いです。

そして三浦春馬さんの太陽牡羊座に関しては、三浦春馬さんが

トランスサタニアンとハードアスペクトを持っていますから

お相手になる方の太陽には、そのようなアスペクトが

無い方が良いです。

三浦春馬さんは、そうしても自分自身のバランスを取るために

四六時中パートナーに合わせる行動パターンを取ることが

不可能なところがあります。

三浦春馬さんが幅広い役柄に挑戦したのは、単なる仕事の

選択以上に自分自身の様々なニーズを仕事を通して

満たそうとしたからだと思います。

今まで書いた39記事の大半は何らかのハードアスペクトです。

土星以降の世代的なアスペクトを除くと個人天体のソフト

アスペクトは、太陽と火星、水星と木星くらいです。

まだメジャーアスペクトだけしか拾っていませんが、

マイナーアスペクトやハーフサム等も確認しながら

考えていきます。

マイナーアスペクトでも出せない相性の計算もありますし、

個人的な相性をシナストリーで考えることが難しい場合は

コンポジットの逆引きみたいな考え方も出来ます。

三浦春馬さんが天使みたいな人ですからお相手もそのような

タイプの人を前向きに見出したいと思っています。

何故ならあくまでも傾向としてですが、三浦春馬さんのように

ある意味で大変なホロスコープを持っている人が求める愛情は、

最終的に三浦春馬さんが拒否した母親に勝てる人だからです。

勝てる相手でないと三浦春馬さんのような人は、安心して

愛に身を委ねることは出来ません。

深い愛には安心感が必要です。

特に第8ハウスに金星がある三浦春馬さん場合は

同じように葛藤を抱えている女性でありながら

甘えさせてくれるタイプの人が必要です。

この勝つという意味は、二つあります。

母親の影響から精神的に解放してくれる強さです。

しかも継続的にです。

三浦春馬さんのようなタイプの男性は、マザコンとは

違いますがとても傷付き易い傾向がありますから

その影響下に簡単に引き戻されます。

ですから物理的に母親との距離を取ろうと画策しますが、

住民票を調べたり、あの手この手で母親も子供を

追いかけていきます。

もう一点は、三浦春馬さんのようなタイプの人は母親から

許された少ない自由や寛容さを肯定することで

女性パートナーの解放してくれる態度を拒絶します。

そのような態度に寛容になれる強さを持った女性でないと

三浦春馬さんとは長く付き合えないと思います。

第8ハウスは再び生まれ直す場所です。

三浦春馬さんの死の選択を肯定するような書き方をした

記事もありますが、どうしたら三浦春馬さんが生き残る

ことが出来たのだろうかという気持ちを込めて

相性の良い女性パートナーを探してみたいと思います。

(あくまでもホロスコープ上です。)

三浦春馬さんらしさを損なわずに合うタイプの女性の

相性を探すのは至難の業ですが、コツコツ取り組みます。

ひたすら丁寧にホロスコープ読んでいたらいつか

応答があるでしょう。

愛し合って結婚しても離婚することもありますが、

ここにしか出来ない愛の再生させ方があります。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!