個人的な愛情と引き換えに仕事に生きた三浦春馬さん

sponsored link

90度、120度、150度の複合アスペクト

解説内容と記事タイトルの内容が一緒になっています。

三浦春馬さんの色気とリリスと言う記事に

「スクエアが補助?と思われるかも知れませんが、

否定の仕方はインコンジャクトとスクエアは

異なりますが、アセンダントと金星の150度の訓練

という名の否定・リリスとアセンダントの90度の否定を

金星とリリスが120度(調和)で上手く繋いでくれます。

回り回ってアセンダント(容姿や雰囲気)を助けています。

リリスが出す雰囲気が、アセンダントと金星のインコン

ジャクトが持つ不安定さを補っています。」と書きました。

三浦春馬さんの関連記事は、三浦春馬さんの優しさが

必要な人に届いたら良いなと思って書いています。

しかし実際は、そのようなエッセンスを占いながら

引き出せたと感じる瞬間は少ないものです。

それでも占いの知識は共有出来ます。

三浦春馬さんの色気とリリスという記事で取り上げた

このアスペクトは複合アスペクトで変わった形をしています。

読んで頂いている方の中で持っている人がいるかどうか

分かりませんが書いてみます。

sponsored link

三浦春馬さんの場合になります。

1、アセンダントと金星が、インコンジャクト(150度)

2、アセンダントとリリスが、スクエア(90度)

3、金星とリリスがトライン(120度)

このような3つの直線で構成された三角形です。

ちなみに多角形の外角の和は、360度になります。

1、アセンダントと金星が、インコンジャクト(150度)

このアスペクト解説の副題は、

個人的な愛情と引き換えに仕事に生きた三浦春馬さん

金星は受け取る愛情です。

そのような愛情と自分自身の生きる姿勢がインコンジャクトで

繋がっていますから愛されるために自分自身を訓練する

という意味になります。

このアスペクトは三浦春馬さんの様々なエピソードを

理解する時にとても重要なアスペクトです。

訓練ろ言ってもアセンダント相手なので本能的なレベルの

振る舞いですから不自然さがありません。

愛されるための振る舞いが自然と出来ます。

アセンダントの星座によっては、とても負担になる

場合もありますが、三浦春馬さんのアセンダントは

蟹座なのでもう完璧かも知れません。

このように考えると第8ハウスで引っかかってしまう

金星水瓶座がとても良い働きをしていますから

普通の人と同じように占ってはいけない人なのでしょう。

しかしその意味は、多くの人に愛されるために

自分自身の親密な愛情関係を犠牲にしたとも言えます。

仕事を優先したと言えば前向きにはなりますが、

私たちは三浦春馬さんの人生の結末を知っているので

何とも言えません。

まるで仕事をすることと愛されることが同じ意味を

持つような感じです。

もしかしたら母親に児童劇団に入れられた時から

そのような生き方は決まっていたのかも知れません。

どんな仕事でも愛されるように一生懸命取り組まれたと

思うのですが、俳優活動は三浦春馬さんの生きるエネルギー

以上のものを要求し過ぎたのかも知れません。

2、アセンダントとリリスが、スクエア(90度)

アセンダントとリリスの組み合わせは、どこかに

書きましたが、特定の人の好みの色気みたいなものが

漂う感じになります。

これがコンジャンクションだと因縁を付けられるような

感じになりますが、スクエアは時折、色気が立つような

感じになります。

それは感情が凝縮する瞬間があるからなのですが、

俳優としては持っていても役立つものです。

一般的な場合は、凝縮した感情を適切に表現して

嫉妬とかに苦しまないように注意が必要です。

3、金星とリリスがトライン(120度)

リリスの非日常的な雰囲気と金星(星座)の魅力が

調和してとても魅力的なタイプの人になります。

90度、120度、150度の複合アスペクトの解説

三浦春馬さんの場合で言えば、アセンダントは、金星に

訓練される形で否定され、リリスに心の姿勢をある部分で

抑え付けられます。

リリスですから土星が抑え付けるような真面目な抑圧

ではなく嫉妬を初めとする負の感情として凝縮される

傾向があります。

これだけであれば愛されるための振る舞いが卑屈な

感情を育ててしまい時にそれに苦しむというような

読み方になります。

アセンダントにとってある意味厄介な金星とリリスですが、

金星とリリスが調和することで二つのアスペクトの

良い部分だけを取り出せるような感じになります。

この調和(トライン)が無ければ卑屈で暗い感じになる

可能性があります。

ところが先に書いたように金星とリリスのトラインは

人気運にあげられるほど愛され易いアスペクトですから

金星もリリスアセンダントに対して優しく働きます。

優しい先生に教育されるのか、性格の意地悪な先生に

しごかれるのかという違いがあります。

公式

インコンジャクトとスクエアの否定をトラインで

優しく繋ぐことでそれぞれの良い部分だけを引き出す

複合アスペクトです。

トライン側が三角形の底辺になります。

三角形の頂点は、インコンジャクトとスクエアを

結ぶ天体や感受点です。

sponsored link
コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!