蟹座と蠍座のトライン

sponsored link

活動サインの蟹座が、動き回って仲良くなった人を

固定サインの蠍座が仲間にしていく組み合わせです。

ひたすらメンバーは増え続けます。

同じトラインでも蟹座と蠍座に魚座のトラインが

加わりグランドトラインになると魚座が不要なメンバーを

排除しますから滞ることなく安定します。

言い方を変えれば、蟹座と蠍座ぼトラインは人が

増え続ける一方で腐敗とまでは言いませんが、

飽きてくる部分も生まれます。

メンバーを囲い込んだは良いけれども目的もなく、

あってもいつも同じ目的でマンネリ化してくるのです。

しかし物や人ではなく愛情であればどうでしょう。

蟹座は、第4ハウスの基本星座で、蠍座は、第8ハウスの

基本星座になります。

第4ハウスという家庭でこまごまと頑張ったことが

第8ハウス(結婚生活)と調和するからこそ

何気ない日常生活の積み重ねが絆に育っていきます。

もし日常生活がばらばらで、家族の一人は毎日朝帰りで

もう一人は作った夕飯は食べずお菓子ばかり食べて

いたらどうでしょうか。

そもそも家庭とは名ばかりで滅多に誰も帰ってこなければ

もう家族全員解散状態でしょう。

物は腐ったり過剰な在庫になったりしますが、愛情は

どれだけ蓄積してもそのようなことはありません。

ですから繋ぐ天体や感受点の象意次第で意味合いが

変わってきます。

蟹座と蠍座のトラインの人間関係の例として

三浦春馬さんの人との繋がり方

という記事を書いています。

sponsored link

下記は月と天体のトライン簡単な解説です。

蟹座の支配星は月で、蠍座の支配星は冥王星ですから

月と冥王星のトライン以外は、箇条書きです。

月と太陽のトラインならば、

充実した私生活が社会的な活動に良い影響をもたらします。

月と金星のトラインならば、

親しみ易いキャラクターになります。

月と火星のトラインならば、

ポジティブな気持ちで安定している人と言えます。

月と木星がトラインならば

朗らかなキャラクターになります。

月と土星がトラインならば、

情緒的に安定した人になります。

月と天王星がトラインならば、

公私の顔にあまり差がない人になります。

月と海王星がトラインならば、

安全なイマジネーションが得られ易いという

メリットがあります。

月と冥王星がトラインの場合

気持ちを立て直しが素早くなります。

蟹座の月は繊細で傷付き易いところがありますが、

蠍座の冥王星とトラインになると何かに夢中になる

時には、別人モードになれます。

普段は、どちらかと言うと臆病と言うか人見知りな

ところがありますが、物おじせずに明るく振る舞えます。

この積み重ねは、月に蓄積されますから日常的冥王星が

味方してくれるような状態になります。

逆に冥王星がスクエアになると病的に臆病になる

場合もあります。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!