トールハンマー(神の拳)

sponsored link

トールハンマー(神の拳)と言われるアスペクトに

付いて書いています。

・   A

 △

B      C

1、天体・感受点Aと天体・感受点Bが、

セスキコードレート(135度)

2、天体・感受点Aと天体・感受点Cが、

セスキコードレート(135度)

3、天体・感受点Bと天体・感受点Cがスクエア(90度)

このような3つの直線で構成された三角形です。

複合アスペクトは、天体や感受点の組み合わせで

内容は変わりますが、アスペクト自体は

攻撃的な批判精神を持つという意味です。

誰かや何かを猛烈に批判します。

これが受け身になると自分自身がその対象になりますし、

使いこなせばある種の完璧主義ですから周囲から

とても信頼されます。

全てがハードアスペクトですから気を抜ける場所は

ありません。

強烈な批判精神をどこに誰に向けるのか意識的に

ならないと自分自身が損をします。

他人に批判精神を向ければよほど的を得たものであっても

敵を増やすでしょう。

的を得るからこそ敵が増える側面もあります。

自分自身に強烈な批判精神を向ければ、自己否定感情が

強くなりますから気が休まる暇がありません。

ある種の完璧主義になるでしょうし、対人関係において

本気になるとこのような気質は他者にも向けられますから

心底親密な関係になとうとした時にどこか冷めた目を

持ってしまいます。

自分自身が自分の強烈な批判精神から逃れるために

愛を否定しないためには、否定でも肯定でも徹底的な

向上心を持って努力を続けるしかありません。

ホロスコープ全体を通してこのような激しい性質を

上手くいなして良いところだけを発揮出来れば

自分自身に向けられる厳しい目はカリスマ性を育てます。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!