三浦春馬さんの癒しや浄化する力とライオンズゲート

sponsored link

三浦春馬さんは、死ぬ直前でも、身体や心に生きる

エネルギーが空っぽになっても自分自身の思いを

表現し切る強さがあります。

第12ハウスにある蟹座の木星はを単なる三浦春馬さんの

社会的な幸運と考えると分からないこと繋がらないことも

第12ハウスの木星をある種の宗教のような善意と考えて

第12ハウスにある蟹座の木星と考えると三浦春馬さんに

癒されたり、救われたり、浄化されるような気持ちになる人は、

その善意に応える部分を何かしら持っている人たちです。

ここで宗教や信者という言葉を使わないのは、

イメージの問題もありますが、三浦春馬さんが持っている

善意に応える人たちは、盲目的に信じているのでもなく、

神のように崇めているわけでもなく、そこに決まった

教えがあるわけでもありません。

三浦春馬さんの善意に気が付いて自分自身の感性で

応えているからです。

三浦春馬さんを励ませたかも知れないタイプの人

という記事を書きましたが、このような視点には

身体側を優先した考え方です。

三浦春馬さんが亡くなって日が過ぎていくと

三浦春馬さんの死とノード軸

のような身体側の視点や月が表すような身体と魂をしっかりと

繋ぐための感情が何故、切れてしまったのか、と言うような

部分に注目してしまいます。

ところが三浦春馬さんは、強い部分は飛び抜けて強いですし、

しかもそれを完全に使いこなしています。

アスペクトには、基本的な意味はありますが、使いこなせる人と

そうでない人の表れ方は、180度違います。

死のうと決めてあれだけ完成度の高い表現を行うことは

単なる感傷的気分では不可能なことです。

様々な面で優れた人たちは、同じアスペクトでも驚くような

使い方をすることがあって、こちらの知識や想像をはるかに

超えたことを実行する場合があります。

当たり前ですが、自分自身のレベルでホロスコープを見ると

間違ってしまいます。

だからこそ大切なことは、あり得ないことですが、完全に

ぴたっと収まるまで考え続けるわけです。

確かに肉体人間としての三浦春馬さんの繊細さは、

自分自身の心に生きるエネルギーを満たすために必要な

家族愛を難しい環境から得るために繊細になった側面もあります。

しかしだからと言ってそれが三浦春馬さんが弱いことを

単純に表すわけではありません。

この部分を単純に弱さと結び付けたり三浦春馬さんの意識の変化を

考慮せずに平面的にホロスコープを解釈すると最後の変化を

見逃してしまいます。

sponsored link

三浦春馬さんは、決して神ではありません。

映像はたくさん残っていますが、当然それらは何かの教えでも

ありませんから宗教的な要素はありません。

どちらかと言えばエンタテイメント産業の中で作られたものです。

しかしだからこそ、そこに三浦春馬さんの善意が込められています。

映画やドラマでは、一つの役柄を担う形になりますが、

三浦春馬さんがNight Diverに込めた愛は、三浦春馬さんの善意

そのものでしょう。

決して宗教ではありませんが、その善意を通して癒される人、

赦される人、浄化される人がいるのは当然です。

三浦春馬さんが死を選択したことによって三浦春馬さんの善意は

最後の最後でさらに鮮烈な輝きを放って多くの人に

届くようになったのは事実でしょう。

それは三浦春馬さんが意図したことではありません。

しかし単なる偶然でもなく、三浦春馬さんの繊細さや類稀な強さや

優しさが昇華されて最後の最後で大きく変化して天使のような

神のような他者を癒したり浄化するような存在になったのだと

思います。

このような視点で三浦春馬さんのホロスコープを見ると

強さと弱さが混在したばらばらな内容に引き裂かれて鬱に

なってしまったということだけではなく、Night Diver

やり切ることで三浦春馬さんの愛は形になったのでしょう。

心から生きるエネルギーが少しずつ時間をかけて

無くなっていっていく過程は、残酷な時間ですが、

人を透明にしていきます。

影の色を少しずつ薄くしていって本人を限りなくモノトーンな

色調に塗り潰していきます。

このような状態になるとかなりの確率で亡くなります。

それは肉体は存在しても生のエネルギーがほとんど消え去って

しまっているからです。

しかしこのような状態だからこそ一気に三浦春馬さんの善意が

多くの人に伝わる大きな変化が起きたと思います。

これは第12ハウスにある蟹座の木星が単なる三浦春馬さんの

社会的な幸運を意味するものから三浦春馬さんの善意を

感じられる人たちを癒したり蓄積した苦しみを浄化する存在に

なったのだと確信しました。

第12ハウスにある蟹座の木星ですから三浦春馬さんの善意を

感じている人たちは、三浦春馬さんが心底求めていた

家族ではないでしょうか。

三浦春馬さんの魂に彼の生きるエネルギーである家族愛として

その思いは届くと思います。

なぜなら今日はライオンズゲートのピークです。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!