三浦春馬さんのノード軸と金星(愛と死の金星)

sponsored link

三浦春馬さんの母なる世界で天体や感受点が

どのように働いているかチェックする試みを

行っています(三浦春馬さんのノード軸)。

そしてその目的は、

三浦春馬さんの命を守れる女性

について考えることになってきました。

三浦春馬さんのドラゴンヘッド

水瓶座14,79度。

誕生時には、リバースしています。

水瓶座のドラゴンヘッド

視野を広く持つことで主観的な思考から

自由になります。

ただしこれだけでは自由なだけで何かしら

結果を求めている

わけではありません。

そこでドラゴンテイルとセットで考えることが

大切になります。

このような性質を破壊的なものにしないためには

継続した努力が必要です。

ドラゴンヘッド第7ハウス

社会的に有名になれる可能性があります。

人気運も期待出来ます。

協調性を活かして発展します。

前に進む力が弱くなると優れた思考や判断の内側に

こもってしまいます。

早目に出てこないと最悪出られなくなります。

一般的には、そのような過程を繰り返しながら

向上していきます。

優れた思考や判断の外にい続けることが大切です。

三浦春馬さんのドラゴンテイル

獅子座14、79度。

誕生時には、リバースしています。

獅子座のドラゴンテイル

他人の評価を気にしますが、すでに自分自身の

価値について確信を持っています。

それでも他人に注目して欲しいのです。

ドラゴンテイル第1ハウス

苦労の種子が内面に宿っています。

その結果、無意識に望むことと外側から見える

行動にギャップがあります。

三浦春馬さんの場合は、素晴らしい演技の裏で

死や愛の答えを求めて特定の脚本に挑戦したり

していたなんて一般視聴者は思いもしません。

苦労の種子とは、このようなこだわりのある動機です。

しかし、これはこれで取り組むことなので気にせずに

客観的になることでギャップを埋めやり遂げていけます。

sponsored link

№4、金星

ノード軸は、180度です。

ドラゴンヘッドと金星のアスペクトは、13、9度です。

ドラゴンテイルと金星のアスペクトは、166,1度です。

3辺の合計は、360度になります。

解説

さて、三浦春馬さんのノード軸と金星です。

ここから金星について書いています。↓

三浦春馬さんの命を守れる女性

について考えることが大きな目的になってきた時点で

さっさと考えれば良かったのですが、三浦春馬さんも

その女性を支える必要がありますし、長期的には

やはり三浦春馬さん自身が母親に負けないと言うか

母なる世界に吸い込まれてしまわない強さを持てる道を

見つけないと三浦春馬さんの命を守るはずの女性が

三浦春馬さんの母親のようになってしまいます。

↑ここまで金星です。

↓ここからがノード軸です。

そのためには、やはり

三浦春馬さんの命が続く道

考える必要があります。

「も」です。

三浦春馬さんが一人で解決する完全な自立ではなく

三浦春馬さんを支える三浦春馬さんです。

このような視点で三浦春馬さんのホロスコープを

考えると意外と簡単です。

三浦春馬さんの命が続く道に書いたような子供らしく

振る舞える趣味の時間とノード軸が示すような

俳優や音楽活動でしょう。

ドラゴンヘッド水瓶座は、様々な方向に関心を向けて

取り組もうとしますが、長続きはしません。

飽きると言うよりも目先を変えていきますが、

三浦春馬さんのドラゴンテイル獅子座が獅子座的な

分野(表現活動)を通して関心を掘り下げ続けられます。

続けていければ今のような三浦春馬さんと

変わらないはずです。

変わらなかったはずです。

ここまで↑がノード軸です。

変な説明の仕方で書きました。

これをいつものように

ドラゴンヘッドと金星のアスペクトは、13、9度

ですから24分割の15度。

ドラゴンテイルと金星のアスペクトは、クインデチレ。

としてしまうと三浦春馬さんに近づけなくなります。

このようなノード軸と金星の関係は、愛が、

愛されること(金星)がノード軸という母親(月と分けるために

母なる世界と表記していますが、個人の感じ方は

母親でしょう。)と行った来たりしているような状況です。

母親に関心が向いたり、恋愛に関心が向いたりしている

心理状況が強迫的に起きます。

どちらにウエイトがかかるかと言えば、ドラゴンテイルと

クインデチレですから母親の影響でしょう。

これを単純にマザーコンプレックスと考えるのは間違いです。

大枠ではそうでしょうが、月と冥王星のスクエアを併せて

考えると生きる原動力のような部分まで母親に

絡めとられてしまっていると言えます。

第1ハウスの支配星として第1ハウスにある月にとって

生命線である子供らしさを切断されたということです。

ナチュラルな感覚で生きる意味が分からなくなります。

リアリティーの喪失です。

これはドラゴンテイルと金星のクインデチレの部分です。

大袈裟な表現をすれば母親とは前世からの因縁でもある

ような間柄なのでしょう。

母親から前世の貸しを取り立てられているのです。

このような意味を現実的な表現に置き替える余裕が

ないのでこのままにしておきます。

ここから重要です。

そうすると恋愛、恋人は、ドラゴンヘッドとノード軸の

15度(オーブ1,1度)になります。

この15度は、何かと言うと他の可能性と繋がる架け橋です。

母なる世界に引きずりこまれて子供らしさ(第1ハウスの支配星

として第1ハウスにある月)が圧死してしまいそうな

三浦春馬さんの三浦春馬さんの命が続く道

を母親の影響の外の世界と繋ぐ架け橋なのです。

金星は、恋愛や恋人だけではなく個人的な趣味でもあります。

三浦春馬さんと噂のあった

女性たちのホロスコープを見ていて感じた違和感は、15度の

架け橋という役割に要約出来ます。

お相手の女性を一人だけ見ていたら絶対に感じない種類の

違和感がありました。

これは女性主体で結婚相手を見ても同じことがあります。

その女性のホロスコープの中の大きな矛盾をそれまでの

彼氏が解決と言うか肩代わり、若しくはそれまでの交際で

その女性の葛藤の答えが何らかの形で決まっているから

この結婚が成り立っているということと同じです。

結婚相手の男性だけでは務まらないものが沢山あるのに

結婚がそこで決まるためには、それまでの経験で色々と

心理的に肩が付いている必要があります。

三浦春馬さんのドラゴンヘッドと金星の15度は、

三浦春馬さんにしか分からない希望の架け橋でした。

そうなると

三浦春馬さんのドラゴンテイルと火星合の女性の相性

で書いた以下の部分

「女性のノード軸とスクエアを作っている木星と

三浦春馬さんの太陽がスクエアです。

これはその女性が無条件に信じていて変えられない部分と

三浦春馬さんの太陽(自我)の相性が悪いことを示しています。」

は、三浦春馬さんにとってかなりダメージだったでしょう。

だから?とか

どうすれば?とか

そもそも15度の金星の架け橋は、三浦春馬さんが

ノード軸(母なる世界)の負の要素に圧死してしまうくらい

休日を与えなかった事務所に問題があるでは?とか

・・・。

24時間仕事をしても平気な人はいます。

寝ながら夢の中でも仕事のことを考えている人もいます。

しかし普通は、そんなことはありません。

それなりにしっかりと休みが必要です。

当たり前ですが、様々な要因が複雑に絡むことで

ある結果が生まれます。

何か一つが原因ということはあり得ません。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!