東出昌大さんが唐田えりかさんとの交際で失ったもの得たもの

sponsored link

何故か東出昌大さんの記事が読まれているので

少し書いています。

東出昌大さんは、ノード軸と月がトラインで

ざっくりろ見れば母親に恵まれています。

それが甘やかし過ぎかどうかは別にして

東出昌大さんにとって優しい母親であることは

間違いないでしょう。

ある意味、平和だったわけですが、ここに

唐田えりかさんの火星が加わるとカイトという

複合アスペクトになります。

東出昌大さんがしっかりとした目標を持って

唐田えりかさんと交際しているならば味方になる

良い相性になります。

きちんと信念や大きな目標が無ければ、カイトは

ただ無軌道にエネルギーを放出し続けます。

ナウシカのオームではありませんが、東出昌大さんの

運やエネルギーがいったん尽きるまで落ち着きません。

カイトはしっかりとした目標があれば、それだけの

エネルギーを出すべきですから何らかの素晴らしい結果を

手に入れることが出来ます。

結果的に忍耐強い杏さんが離婚を決意するほどの状況が

生まれ東出昌大さんには、多額の違約金の支払い義務が

残ることになりました。

これを成果とは呼びませんが、東出昌大さんが

何としてでも唐田えりかさんと結婚したいんだ

という信念があれば成果になり得たはずです。

sponsored link

東出昌大さんは、オーブが広目になりますが柔軟サインの

グランドクロスを持っていますから信念を持つタイプの人

ではなく状況次第でいくらでも転がっていきます。

このアスペクトを持っている人は、その方が良いのです。

これは唐田えりかさんと不倫をしたことが良いという

意味ではなく状況に逆らわずに生きることが合っている

という意味です。

人の相性は難しいもので東出昌大さんが柔軟サインの

グランドクロスを持っていない人であれば、唐田

えりかさんとそもそも交際していなかった確率も

高かったかも知れません。

東出昌大さんと唐田えりかさんは無理なく相性の

良い部分がありますが、目の前に相性の良い女性が

いるからといって分別なく交際してしまうのは

柔軟サインのグランドクロスと大いに関係があります。

それらを構成する天体や度数、ハウスの意味等の

細かい点は割愛しますが、相性は注意が必要です。

固定サインのグランドクロスは、重厚感があり過ぎて

怖いですが、柔軟サインの場合よりは放出したエネルギーが

失ったもの等が報われたかも知れません。

そうは言っても柔軟サインのグランドクロスを

持っている人は転がり続けてこそ人生という言い方も

出来るキャラクターですから、これからの水瓶座の

影響を考慮してもいろいろとありなのではないでしょうか。

東出昌大さんが唐田えりかさんとの交際で失ったものは、

見ての通りですが、得たものは柔軟サインのグランドクロス

持ちらしい生き方です。

元々交際が派手とかいろいろ言われていましたが、

状況次第で自由に動けないとフラストレーションが

溜まるのがこの手のタイプの人です。

しかも水瓶座ですから目先を固定されることは

地獄かも知れません。

責任という言葉は、そもそも山羊座のキーワードであり

天王星を支配星に持つ水瓶座は、壊す解放することに

本質があります。

杏さんは、第11ハウス土星的なセンスで愛情を

考えたかも知れませんが、半分は正解で半分は

外れたかも知れません。

第11ハウスの基本星座は水瓶座ですが、土星的な側面は

東出昌大さんの柔軟サインのグランドクロスの本質とは

合いません。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!