三浦春馬さんを救う理想の結婚相手(ドラゴンヘッドと火星の合)

sponsored link

三浦春馬さんの母なる世界で天体や感受点が

どのように働いているかチェックする試みを

行っています(三浦春馬さんのノード軸)。

そしてその目的は、

三浦春馬さんの命を守れる女性

について考えることになってきました。

三浦春馬さんのドラゴンヘッド

水瓶座14,79度。

誕生時には、リバースしています。

水瓶座のドラゴンヘッド

視野を広く持つことで主観的な思考から

自由になります。

ただしこれだけでは自由なだけで何かしら

結果を求めている

わけではありません。

そこでドラゴンテイルとセットで考えることが

大切になります。

このような性質を破壊的なものにしないためには

継続した努力が必要です。

ドラゴンヘッド第7ハウス

社会的に有名になれる可能性があります。

人気運も期待出来ます。

協調性を活かして発展します。

前に進む力が弱くなると優れた思考や判断の内側に

こもってしまいます。

早目に出てこないと最悪出られなくなります。

一般的には、そのような過程を繰り返しながら

向上していきます。

優れた思考や判断の外にい続けることが大切です。

三浦春馬さんのドラゴンテイル

獅子座14、79度。

誕生時には、リバースしています。

獅子座のドラゴンテイル

他人の評価を気にしますが、すでに自分自身の

価値について確信を持っています。

それでも他人に注目して欲しいのです。

ドラゴンテイル第1ハウス

苦労の種子が内面に宿っています。

その結果、無意識に望むことと外側から見える

行動にギャップがあります。

三浦春馬さんの場合は、素晴らしい演技の裏で

死や愛の答えを求めて特定の脚本に挑戦したり

していたなんて一般視聴者は思いもしません。

苦労の種子とは、このようなこだわりのある動機です。

しかし、これはこれで取り組むことなので気にせずに

客観的になることでギャップを埋めやり遂げていけます。

sponsored link

№4、火星

ノード軸は、180度です。

ドラゴンヘッドと火星のアスペクトは、3、39度です。

ドラゴンヘッドと火星のアスペクトは、176,61度です。

外角の総和は、360度です。

1、ドラゴンヘッドと火星のアスペクトは、3、39度は、

コンジャンクションです。

三浦春馬さんは、このアスペクトがあるお陰で休みなく

死ぬ直前まで働く力があったと言えます。

本能的に突き詰めて行動出来る力を与えます。

まるで冥王星を二つ持っているような感じになります。

このドラゴンヘッド火星のコンジャンクションは第7ハウスに

ありますから、人間関係において過剰さが表れます。

死と再生のようなドラマがあるのです。

これも過労死の側面を表しますが、ノード軸と金星の扱い方

間違えなければ結婚によって生まれ変われます。

ノード軸と金星に書いたように母親と恋愛を両立させられたら

火星(愛する側面を意味します。)の出番が恋愛にもあったはずです。

三浦春馬さんを占っている限りでは、仕事では限界を超えて

ドラゴンヘッドと火星のコンジャンクションは使われました。

愛に関しては、そうではなかったかも知れません。

しかし仕方がありません。

このドラゴンヘッドと火星のコンジャンクションは、仕事の

達成感と共に加速度が増していくものだからです。

愛のような抽象的なものを扱うのは苦手です。

だからこそ

生きるリアリティーと15度のアスペクト(三浦春馬さん)

に書いたように愛の架け橋を失ってはいけなかったのです。

仕事の合間(ドラゴンヘッドと火星のコンジャンクションは、

仕事優先)に少しずつ愛に金星の架け橋を通して

三浦春馬さんに必要な愛に近づいていました。

今までの交際相手を時系列に占うとそう思えます。

もちろん恋愛ですから、その内容と言うか愛は

真っ直ぐに効率良く進むのではなく

ジクザクしながらな感じはあります。

それでも少しずつ前に進んでいたと思えます。

ただしこのアスペクトにも大きな欠点があります。

三浦春馬さんの火星は、冥王星とスクエアが

あります。

この内容をフォローし合うように危険なほどの

激情を発する面があります。

三浦春馬さんは、この部分を完全に抑え込んで

仕事だけに前向きに向かっていったのでしょう。

このようなタイプの人は、本当の愛の関係に出会うと

この激情の姿を表します。

まずいと言えばかなりまずいことですが、この怒りを

解放が出来なければいつまでたっても仕事オンリーです。

いつまでたっても愛に本音を語れないままです。

ですから三浦春馬さんと愛情関係を築ける女性は、

かなりタフです。

簡単に動じない冷静な女性です。

このような面がないと本当の三浦春馬さんとは

付き合えません。

心配しなくてもこのようなタイプの人も受け止めて

もらっている間に少しずつそのような自分を客観的に

見られるようになります。

2、ドラゴンヘッドと火星のアスペクトの176,61度は、

オーブ込みでオポジションです。

これは自分自身の火星に何かしらコンプレックスや

苦手意識があることを意味しています。

水瓶座の火星ですから本来の資質である社会的なルールを

破って自由にしたいのに、それが出来ずに真面目で確実な

選択をしてしまうコンプレックスでしょう。

このような怒りの感情が蓄積している三浦春馬さんは、

上記のような女性と結婚するとそれこそ俳優活動を

辞めたり仕事を減らして好きなことに打ち込む人に

なったことでしょう。

太陽と月がセットなように金星と火星はセットですから

併せて考えて下さい。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!