三浦春馬さんが生まれて来た理由(ノード軸と木星)

sponsored link

三浦春馬さんの母なる世界で天体や感受点が

どのように働いているかチェックする試みを

行っています(三浦春馬さんのノード軸)。

そしてその目的は、

三浦春馬さんの命を守れる女性

について考えることになってきました。

三浦春馬さんのドラゴンヘッド

水瓶座14,79度。

誕生時には、リバースしています。

水瓶座のドラゴンヘッド

視野を広く持つことで主観的な思考から

自由になります。

ただしこれだけでは自由なだけで何かしら

結果を求めている

わけではありません。

そこでドラゴンテイルとセットで考えることが

大切になります。

このような性質を破壊的なものにしないためには

継続した努力が必要です。

ドラゴンヘッド第7ハウス

社会的に有名になれる可能性があります。

人気運も期待出来ます。

協調性を活かして発展します。

前に進む力が弱くなると優れた思考や判断の内側に

こもってしまいます。

早目に出てこないと最悪出られなくなります。

一般的には、そのような過程を繰り返しながら

向上していきます。

優れた思考や判断の外にい続けることが大切です。

三浦春馬さんのドラゴンテイル

獅子座14、79度。

誕生時には、リバースしています。

獅子座のドラゴンテイル

他人の評価を気にしますが、すでに自分自身の

価値について確信を持っています。

それでも他人に注目して欲しいのです。

ドラゴンテイル第1ハウス

苦労の種子が内面に宿っています。

その結果、無意識に望むことと外側から見える

行動にギャップがあります。

三浦春馬さんの場合は、素晴らしい演技の裏で

死や愛の答えを求めて特定の脚本に挑戦したり

していたなんて一般視聴者は思いもしません。

苦労の種子とは、このようなこだわりのある動機です。

しかし、これはこれで取り組むことなので気にせずに

客観的になることでギャップを埋めやり遂げていけます。

sponsored link

№5、木星

木星は世代的な天体ですが、自分自身の母なる世界との

関係や三浦春馬さんにとっては、第12ハウスの木星

としてとても重要な意味合いがあります。

ドラゴンヘッドと木星は、138、42度です。

ドラゴテイルと木星は、41、58度です。

セキスコードレートとセミスクエアにまとまれば

分かり易いですがオーブが広すぎますから、それぞれの

角度からノード軸と木星の関係を考えたのが以下の

内容です。

ドラゴンヘッドと木星

三浦春馬さんのこだわる課題をクリアした結果の

社会的幸運でなければ納得出来ません。

偶然、宝くじが当たったみたいな幸運は駄目なのです。

自分が狙っている内容で評価されないと納得

出来ません。

そうでなければいくら社会的な幸運が舞い降りても

嬉しくない・・・・

ないわけではなくて、困ってしまうかも知れません。

ホロスコープ全体の影響を考えたら取りあえず

受け取るでしょうが満たされてはいないでしょう。

何でもかんでも幸運であればラッキーと思える

タイプの人ではありません。

しかも第12ハウスにある、木星ですから余計に

他人から分かり難いニーズです。

ドラゴテイルと木星

ドラゴテイルと木星に求める社会的幸運のモデルが

詰まっていてドラゴンヘッドと木星は、まるで

過去の栄光をもう一度再現しようとしているかのような

関係になっています。

まとめ

三浦春馬さんに生き残っていて欲しいという気持ちを

モチベーションに三浦春馬さんのホロスコープを

コツコツと読んでいますが、ノード軸と木星を読むと

あくまでも比喩ですが改めて三浦春馬さんの天使説が

浮上します。

もう一度この世に生まれて一度味わった幸運を

再現したいと望んだような気がします。

ノード軸と火星もそのような側面があります。

そして今回は他人にはノード軸と火星の持つ

凶暴性を向けなかったから天使になれたのでは?

最後に静かに自分自身には向けたけれども

母親への怒りも4年くらいかけて静かに消化して

いったのではないでしょうか?

そして過去の交際相手の中には明らかに過去世で

縁があったような人もいます。

やはり演じることを通して何かしらの繋がりが

あったような気がします。

そしてこのように考えるとこの三浦春馬さんのノード軸

という母なる世界を具体的にしてくれたのは実際の母親です。

そうなると母親も善です。

常に木星は善意ち幸運で満ちています。

木星側からしたら単なる拡大志向ですが、増えていくことを

私たちは幸運と呼びます。

三浦春馬さんは、もしかしたらこの世でやるべきことを

終えて疲れたのかも知れませんが、さっさと帰らないで

地上でもう少しのんびりとしていっても良かったのにと

思います。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!