魔物の住むアスペクト

sponsored link

三浦春馬さんを襲った魔物(ノード軸と土星)

から20度のアスペクトだけ取り出しています。

お断り

魔物の住むアスペクトと書きましたが、

魔物の育てなければ、かなり恵まれた

アスペクトです。

オーブ

基本的に1度以内ですが、少なければ少ないほど良いです。

18辺あれば外角の総和が360度になる度数です。

この角度は、自分の中で何かが破裂しなければ

とても恵まれた度数です。

アスペクトを作っている相手の天体にもよりますが、

大枠では物事が順調に進んでいきます。

きちんとした結末を目指しますから素晴らしい魅力や

評価に繋がっていきます。

しかしこのアスペクトは、素晴らしい成果を出せば

出すほど、その成果を出す姿勢が自分の希望であれ

周囲の希望であれ加速度が増せば増すほど

隠れていたマイナス要素も育っていきます。

ですから120パーセントの力で頑張るよりも

能力に少しゆとりを持たせて全体の2番手、3番手、

一流よりは、1、5流を目指すくらいが丁度良い

バランスで働きます。

sponsored link

このアスペクトで結びつくと何かしら外の世界に

何か大切なものがあるような気がして懸命に

頑張るのですが、その時に内側で進行している何かに

気付き難くなります。

これはメッセンジャーなのか現実のバランスを崩す

魔物なのかは、何とも言えない部分があります。

人によっては悪い現実にしがみついている場合もあります。

外側の世界に大切なことを求め過ぎることを止めるための

単なる警告の場合もあるでしょう。

これだけの理由があれば、別に魔物なんて物騒な

名前を付ける必要はないように思えますが、アスペクトの

働きが現実化する時にトラブルや破壊といった現象を

伴うからです。

そうでないと人は止まらないとも言えます。

マイナーアスペクトになりますから家族関係のトラブルや

自分自身の精神状態のトラブル等々他人からは見え難い

部分で問題が発生し易くなります。

このように書くと悪いことばかりのように思えますが、

このような隠れたマイナス要因を大きくしないゆとりを

持ちながら頑張っていれば天体や感受点の組み合わせに

応じて豊かさが得易いアスペクトです。

頑張り過ぎると良くないと分かり易くしましたが

その真意は精神的価値ばかり協調してはいけない

ということです。

どんな幸福にも数え切れないくらいの要素が

不可思議なデザインで微妙に幸せを形をなして

いますから、何かが突出したり何かが欠けると

バランスを崩しますということです。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!