三浦春馬さんの完璧主義と才能(ノード軸と天王星)

sponsored link

三浦春馬さんの母なる世界で天体や感受点が

どのように働いているかチェックする試みを

行っています(三浦春馬さんのノード軸)。

そしてその目的は、

三浦春馬さんの命を守れる女性

について考えることになってきました。

三浦春馬さんのドラゴンヘッド

水瓶座14,79度。

誕生時には、リバースしています。

水瓶座のドラゴンヘッド

視野を広く持つことで主観的な思考から

自由になります。

ただしこれだけでは自由なだけで何かしら

結果を求めている

わけではありません。

そこでドラゴンテイルとセットで考えることが

大切になります。

このような性質を破壊的なものにしないためには

継続した努力が必要です。

ドラゴンヘッド第7ハウス

社会的に有名になれる可能性があります。

人気運も期待出来ます。

協調性を活かして発展します。

前に進む力が弱くなると優れた思考や判断の内側に

こもってしまいます。

早目に出てこないと最悪出られなくなります。

一般的には、そのような過程を繰り返しながら

向上していきます。

優れた思考や判断の外にい続けることが大切です。

三浦春馬さんのドラゴンテイル

獅子座14、79度。

誕生時には、リバースしています。

獅子座のドラゴンテイル

他人の評価を気にしますが、すでに自分自身の

価値について確信を持っています。

それでも他人に注目して欲しいのです。

ドラゴンテイル第1ハウス

苦労の種子が内面に宿っています。

その結果、無意識に望むことと外側から見える

行動にギャップがあります。

三浦春馬さんの場合は、素晴らしい演技の裏で

死や愛の答えを求めて特定の脚本に挑戦したり

していたなんて一般視聴者は思いもしません。

苦労の種子とは、このようなこだわりのある動機です。

しかし、これはこれで取り組むことなので気にせずに

客観的になることでギャップを埋めやり遂げていけます。

sponsored link

№5、ドラゴンヘッドと天王星

ドラゴンヘッドと天王星は、35,24度です。

ドラゴテイルと天王星は、144,76度です。

ノード軸は、180度です。

多角形の外角の総和は、360度です。

三浦春馬さんの天王星は、第6ハウスにありますから

仕事のオリジナリティと母なる世界(ノード軸)の関係を

考えていきます。

1、ドラゴンヘッドと天王星

ドラゴンヘッドと天王星の35,24度は、オーブ

0、76度で36度扱いで考えます。

36度が多角形を作る場合は、10辺必要です。

三浦春馬さんの場合であれば仕事に対しては、

独自性を発揮して得られる精神的な満足だけではなく、

やはり社会的な評価が得られるような完成度の

高い姿勢で臨むことが示されています。

一見、理想が高い立派なものに見えますが、

水瓶座のドラゴンヘッドと山羊座の天王星が

コラボレーションすること自体が、非常に葛藤が

強くどんなに頑張っても現状に満足出来ないことを

示しています。

これだけの姿勢で臨めば本人自身は、満足出来なくても

周囲の人は、評価するでしょう。

三浦春馬さん的には、どれだけ努力しても完璧と

思えない厄介と言えば厄介なアスペクトです。

しかし自画自賛してこれで完璧と思う人は、ストレスは

少ないメリットはありますが伸びません。

程度によりますが、どちらを取るかです。

ただ水瓶座は山羊座を壊そうとしますし、その相手は

トランスサタニアンの一角である天王星ですから

母なる世界は常にストレスです。

しかも36度のアスペクトは、向上心を持って物事の

完成を目指しますから余計にこじれます。

同じアスペクトでもサインの組み合わせでけっこう

違いがあります。

2、ドラゴテイルと天王星

ドラゴテイルと天王星は、144,76度ですから

144度で考えます。

オーブは、0,76度です。

144度には、バイ・クインタイルと言うわりと

有名な名前があります。

これは三浦春馬さんに何かしら他人と比べても

素晴らしい才能があることを示しています。

これに異論はないでしょう。

そして努力家のアスペクトでもあります。

まとめ

こうやって三浦春馬さんのノード軸(母なる世界)と

第6ハウスにある天王星山羊座との関係を考えると

やはり元々(前世から持ち越した資質とは敢えて言いません)の

才能や高い精神的な資質をドラゴテイルというバックボーンに

持っていて、それが支える形でドラゴンヘッドと天王星の

関係に見られたような向上心を実行可能にしています。

この天王星は、計算ソフトで太陽とスクエアになったり

ならなかったりするオーブですが、ノード軸とは

オーブ1度以下でこれらのアスペクトを作っています。

アセンダントとディセンダントの軸との関係も見たら

ノード軸との差が分かります。

その内容の差は、三浦春馬さん個人が生きる姿勢と

母なる世界から要請されたものとの差ですから

どきどきするというか、乖離に強いギャップが無ければ

良いけどと思いながら、次は海王星です。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!