三浦春馬さんに家庭を持って欲しかった理由(ノード軸と冥王星)

sponsored link

三浦春馬さんの母なる世界で天体や感受点が

どのように働いているかチェックする試みを

行っています(三浦春馬さんのノード軸)。

そしてその目的は、

三浦春馬さんの命を守れる女性

について考えることになってきました。

三浦春馬さんのドラゴンヘッド

水瓶座14,79度。

誕生時には、リバースしています。

水瓶座のドラゴンヘッド

視野を広く持つことで主観的な思考から

自由になります。

ただしこれだけでは自由なだけで何かしら

結果を求めているわけではありません。

そこでドラゴンテイルとセットで考えることが

大切になります。

このような性質を破壊的なものにしないためには

継続した努力が必要です。

ドラゴンヘッド第7ハウス

社会的に有名になれる可能性があります。

人気運も期待出来ます。

協調性を活かして発展します。

前に進む力が弱くなると優れた思考や判断の内側に

こもってしまいます。

早目に出てこないと最悪出られなくなります。

一般的には、そのような過程を繰り返しながら

向上していきます。

優れた思考や判断の外にい続けることが大切です。

三浦春馬さんのドラゴンテイル

獅子座14、79度。

誕生時には、リバースしています。

獅子座のドラゴンテイル

他人の評価を気にしますが、すでに自分自身の

価値について確信を持っています。

それでも他人に注目して欲しいのです。

ドラゴンテイル第1ハウス

苦労の種子が内面に宿っています。

その結果、無意識に望むことと外側から見える

行動にギャップがあります。

三浦春馬さんの場合は、素晴らしい演技の裏で

死や愛の答えを求めて特定の脚本に挑戦したり

していたなんて一般視聴者は思いもしません。

苦労の種子とは、このようなこだわりのある動機です。

しかし、動機は別にして客観的になることで動機との

ギャップを埋めやり遂げていけます。

sponsored link

№7、ノード軸と天王星

ドラゴンヘッドと冥王星は、87,56度です。

ドラゴテイルと冥王星は、92,44度です。

ノード軸は、180度です。

多角形の外角の総和は、360度です。

ドラゴンヘッドと冥王星のスクエア

ドラゴンヘッドと冥王星は、87,56度ですから

オーブ2、44度でスクエアです。

ドラゴンヘッドと冥王星のスクエアですから

ドラゴテイルともスクエアになります。

つまりノード軸とスクエアになります。

三浦春馬さんのドラゴンヘッドは、水瓶座です。

蠍座の冥王星とスクエアになります。

ドラゴテイルも冥王星とスクエアですが、

ドラゴテイルは、獅子座ですから同じスクエアでも

成り立ちが異なります。

もっと言えばドラゴンヘッドは、第7ハウスで

ドラゴテイルは、第1ハウスです。

ドラゴンヘッド水瓶座はを改めて一言で言えば

「生き方全般において水瓶座的価値を通して

取り組むべき」ということです。

生き方の中身には、人間関係、仕事の仕方、

恋愛等々様々要素があります。

水瓶座的価値観を持って生きようとしているのに

冥王星という最も強い影響力を持った天体が

邪魔しにくるのです。

その強さは、個人が対抗出来るものではありません。

その結果何が起こるのかと言えば、無力感です。

トランジットや人との相性によって何らかの刺激が

スイッチを押すとそれまで前進していたものが

全否定されたような気分を味わうことになります。

色々なことに関心を持ちたいのに強制的に一つの

方向性に束ねられてしまうのです。

「自分らしく生きるぞ」と意気込んである程度

走っていると圧倒的な力で止められて

死ぬほど悔しいのに逆らえないのです。

ノード軸と冥王星のスクエアを無力感と解釈

するとしてもサイン(星座)の組み合わせとして

最もきついでしょう。

ドラゴテイルと冥王星のスクエア

ドラゴテイルと冥王星は、92,44度ですから

オーブ2、44度でスクエアになります。

三浦春馬さんのドラゴテイルは、獅子座です。

自分自身の気持ちのままに素直に表現することが

生まれ持った資質なはずなのに冥王星蠍座が

周囲の人と一体化を強制して三浦春馬さんの気持ち

なんて無いかのように扱います。

これも圧倒的な無力感です。

ドラゴンヘッドの水瓶座もドラゴテイルの獅子座も

冥王星の蠍座も全て固定サイン(星座)です。

ノード軸とスクエアですから、これらの三つの感受点を

まとめて考えるとTスクエアになりますから否定の否定は

肯定ということで生き方に深みが出そうなものですが、

いちいち止める力が強過ぎます。

エネルギーをしっかりと充電したり体験したことを

まとめて経験にしていくゆとりが無ければ、節目節目に

感じた無力感がダメージとして蓄積していきます。

裏切られるポイントと生き甲斐のポイント

という冥王星の記事を書きましたが、何に対して過剰に

取り組まなければいけないように仕組まれているのか

理解する必要があります。

三浦春馬さんの場合は、第4ハウスに冥王星が

ありますから家族がテーマです。

実家だけではなく結婚して自分が作った家庭でも

取り組むテーマになります。

第4ハウスに冥王星がない人に比べたら

家庭に対する思い入れは強いのです。

報道の通りなら親子関係は大変な側面があった

かも知れません。

だからこそ冥王星の再生作用を自分自身の作る

家庭に向けられたら報われる可能性があります。

この冥王星に逆らえばスクエア特有の揺り戻しが

なくなり無力感のループ状態になります。

冥王星の与える課題は、受けて立つことで報われます。

受けて立つと言うとドン・キホーテみたいに

意味のないような戦いや努力に身を投じようとする

せっかちな人もいますが、そのような時には

以下のような説明をします。

猛獣があなたとあなたの愛する子供を襲って来ます。

安全に隠れられる箱には一人しか入れません。

どうしますか?

この時に客観的な情報は、一切示しません。

正解らしきものがあるとすれば、愛する子供の安全は

確保すべきでしょう。

その後に箱の上に逃げても良いのです。

大切なことは二人とも助かる選択肢を考えることです。

子供だけ守って自分は死にますでは困るのです。

詳細部分は省きますが、その子供こそ相談者自身です。

大人の自分が死ねば、その後その子供は誰が守り

育てるのでしょうか。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!