木星の幸運を呼び込む欲の持ち方

sponsored link

木星の拡大志向がもたらす善意は、時に強大な

実行力と結びついて他者へのコントロールや

はたまた暴力性として働く場合があります。

木星の表向きの顔が優し気な表情をしているのは

ひたすら自己拡大の本音を隠すためかも知れません。

木星のサイン(星座)によってその目的は異なります。

どのような場所でその善意が働くかは、木星のある

ハウスによって決まります。

ここまで書いた内容は、木星批判ではありません。

このような木星の性質が自分自身に向かった時に

何が起こるか知って欲しいのです。

個人に向かって木星が無限に拡大しようとすれば

個人は破裂します。

木星は射手座の支配星ですから精神において

破れてしまうのです。

個人は限界点が設けられているからこそ個人なのです。

とても狭いのです。

木星の幸運は他者つまり社会に向けられて

それが反射して個人にいくばくかリターンがあるのが

理想的な姿です。

木星を欲望というニュアンスで語れば、何かずれますが

個人的に幸運を求める気持ちは強い感情が支えています。

安心して木星の幸運を享受したければその思いや気持ちを

一度強く社会に向かって押し出して下さい。

そうすれば適切な反射率でリターンがあります。

これは社会に向かって奉仕するような態度とは

180度異なります。

自分に正直に欲を展開します。

引っ込めたら木星は、あなたを破裂させます。

欲しいものは欲しがりましょう。

そのために自分自身を押し出せる手段を持ちましょう。

その手段を決めることで失うものが発生します。

上手くいくかどうかも分かりません。

それでも素直に求めなければ木星の拡大志向は

あなたを風船のように膨らませてしまいます。

例えばお腹いっぱいなのに無意識に食べ続ける時に

働いているのが内向きになった木星の拡大志向です。

希望を外側に展開しないと木星の休むことなく

膨らむ力は他の何かを通して破裂に向かいます。

外側に向かって希望の光を灯し続ける姿勢が木星の

拡大志向を味方につけます。

自分が自分であるということは様々な限定された

条件を受け入れることです。

これは妥協ではありません。

限定を受け入れた方が高度な自由が実現します。

この自由が求めるものが本当の希望です。

この希望を見失わない人が木星の幸運を受け取れる

タイプの人です。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!