これからの三浦春馬さんとファンの関係(ノード軸とアセンダント)

sponsored link

三浦春馬さんの母なる世界で天体や感受点が

どのように働いているかチェックする試みを

行っています(三浦春馬さんのノード軸)。

そしてその目的は、

三浦春馬さんの命を守れる女性

について考えることになってきました。

三浦春馬さんのドラゴンヘッド

水瓶座14,79度。

誕生時には、リバースしています。

水瓶座のドラゴンヘッド

視野を広く持つことで主観的な思考から

自由になります。

ただしこれだけでは自由なだけで何かしら

結果を求めている

わけではありません。

そこでドラゴンテイルとセットで考えることが

大切になります。

このような性質を破壊的なものにしないためには

継続した努力が必要です。

ドラゴンヘッド第7ハウス

社会的に有名になれる可能性があります。

人気運も期待出来ます。

協調性を活かして発展します。

前に進む力が弱くなると優れた思考や判断の内側に

こもってしまいます。

早目に出てこないと最悪出られなくなります。

一般的には、そのような過程を繰り返しながら

向上していきます。

優れた思考や判断の外にい続けることが大切です。

三浦春馬さんのドラゴンテイル

獅子座14、79度。

誕生時には、リバースしています。

獅子座のドラゴンテイル

他人の評価を気にしますが、すでに自分自身の

価値について確信を持っています。

それでも他人に注目して欲しいのです。

ドラゴンテイル第1ハウス

苦労の種子が内面に宿っています。

その結果、無意識に望むことと外側から見える

行動にギャップがあります。

三浦春馬さんの場合は、素晴らしい演技の裏で

死や愛の答えを求めて特定の脚本に挑戦したり

していたなんて一般視聴者は思いもしません。

苦労の種子とは、このようなこだわりのある動機です。

しかし、これはこれで取り組むことなので気にせずに

客観的になることでギャップを埋めやり遂げていけます。

sponsored link

ノード軸とアセンダント

ドラゴンヘッドとアセンダントは、163,25度です。

ドラゴテイルとアセンダントは、16,75度です。

ノード軸は、180度です。

多角形の外角の総和は、360度です。

ドラゴンヘッドとアセンダントは、オーブ1、75度で

クインデチレ(165度)を採用します。

ドラゴテイルとアセンダントは、オーブ1度を超える

ためにアスペクトは採用せずに単なる角度として考えます。

ドラゴンヘッドとアセンダント

今回の人生の課題にアセンダントという生きる姿勢

(結果的に才能や気質)は、ある種の強迫観念を持って

取り組みまからとても真面目な人になります。

やるべきことがかなり決まったような状態で

この世に生まれてきたタイプの人です。

このように書くと恵まれているように受け取る人が

いますが、それが嬉しいものかどうかは人それぞれです。

三浦春馬さんの場合は、100パーセント否定的では

なかったでしょうが、葛藤がなかったわけでもなかった

のも事実でしょう。

ドラゴテイルとアセンダント

アスペクト(多角形の外角の総和が360度になる時に

意味が拾える度数)が成立しないので度数のみで考えます。

元々持っている資質を利用して人生に立ち向かっていく

と解釈しました。

まとめ

このように考えると母親を表すノード軸(母なる世界)は、

三浦春馬さんの生き方を生み出す時点で決めてしまっていた

ような印象を持ちます。

現実的に言えば三浦春馬さんは、家族の下に、特に

母親の下に生まれたときに生きる方向性は、決められて

いたようなことになります。

そのことに対して自分自身の持っている資質を使う

ことが読み取れます。

三浦春馬さんの場合は、母親の影響として月と冥王星の

スクエアもありますが、このようなノード軸とアセンダントの

関係がマイナス要素として働いているから感情の分断に

繋がったのかも知れません。

何故、かも知れないと書くかと言うと三浦春馬さんの

生まれ時間は公表されておらず推理に基づくものだからです。

現在使っている生まれ時間はかなり真剣に考えましたが

誰にも本当のことは分かりません。

特に三浦春馬さんのような突き抜けた長所を持った人は、

ステレオタイプの解釈を超える場合もあります。

羽生結弦選手がオリンピックを2連覇しましたが

そのような選手になる前にそのような結果を言い切れる

ホロスコープの読み方を出来る人は、ほぼいないと

考えています。

イチロー選手が日米通算4367本安打という近代野球の

システムの中で想像を絶する記録を叩き出すと

生まれ時間込みのホロスコープがありますが、断言

出来る人はほぼいないと思います。

三浦春馬さんの魅力は、スポーツのように分かり易い

記録では計れませんが、ちょっと普通の人とは異なります。

言い方は変ですが、天使っぽいところがあります。

ですから最終目的に三浦春馬さんの生まれた日の

ホロスコープを全部作って読むつもりです。

アセンダントは、4分で1度ずれますから360個の

ホロスコープを読みます。

そのようなことをしいても結局本当の三浦春馬さんが

どのような存在の人だったのか決めつけることは

出来ません。

絶対に出来ません。

ただ私が感じ取るであろうある種の主観は残るでしょう。

きっと三浦春馬さんは、こんな人だったのだろうと

感じる何かが残るでしょう。

それを大切にしたいと思っています。

私の心の中で、

このブログを読んで下さっている人たちの心の中で

三浦春馬さんが、希望を持って自由に飛べるようになれれば

それが正解だと思うようになっています。

三浦春馬さんのホロスコープに慣れていくので

生まれ時間を4分ずつ動かして360の記事を書いても

そんなに大変ではないと思っています。

アングルのサインが変化したり、それぞれのハウスから

天体や感受点が飛び出さない限りは、一つ一つの

ホロスコープが前後で極端に変化することはありません。

ですから本当は360記事書かなくても良いのかも知れません。

ただホロスコープを読むだけですから三浦春馬さんを

見習って真面目に読んでみようと思います。

ホロスコープは、簡単に読もうと思えばいくらでも

簡単に読めますが、徹底的に読めばそれはそれで

レスポンスがあるものです。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!