三浦春馬さんが死の一歩手前で見ていたもの(リリス)

sponsored link

三浦春馬さんの母なる世界で天体や感受点が

どのように働いているかチェックする試みを

行っています(三浦春馬さんのノード軸)。

そしてその目的は、

三浦春馬さんの命を守れる女性

について考えることになってきました。

三浦春馬さんのドラゴンヘッド

水瓶座14,79度。

誕生時には、リバースしています。

水瓶座のドラゴンヘッド

視野を広く持つことで主観的な思考から

自由になります。

ただしこれだけでは自由なだけで何かしら

結果を求めている

わけではありません。

そこでドラゴンテイルとセットで考えることが

大切になります。

このような性質を破壊的なものにしないためには

継続した努力が必要です。

ドラゴンヘッド第7ハウス

社会的に有名になれる可能性があります。

人気運も期待出来ます。

協調性を活かして発展します。

前に進む力が弱くなると優れた思考や判断の内側に

こもってしまいます。

早目に出てこないと最悪出られなくなります。

一般的には、そのような過程を繰り返しながら

向上していきます。

優れた思考や判断の外にい続けることが大切です。

三浦春馬さんのドラゴンテイル

獅子座14、79度。

誕生時には、リバースしています。

獅子座のドラゴンテイル

他人の評価を気にしますが、すでに自分自身の

価値について確信を持っています。

それでも他人に注目して欲しいのです。

ドラゴンテイル第1ハウス

苦労の種子が内面に宿っています。

その結果、無意識に望むことと外側から見える

行動にギャップがあります。

三浦春馬さんの場合は、素晴らしい演技の裏で

死や愛の答えを求めて特定の脚本に挑戦したり

していたなんて一般視聴者は思いもしません。

苦労の種子とは、このようなこだわりのある動機です。

しかし、これはこれで取り組むことなので気にせずに

客観的になることでギャップを埋めやり遂げていけます。

sponsored link

ノード軸とリリス

ドラゴンヘッドとリリス、108,79度です。

ドラゴテイルとリリスは、72,21度です。

ノード軸は、180度です。

多角形の外角の総和は、360度です。

ドラゴンヘッドとリリス

ドラゴンヘッドとリリス、108,79度です。

これは、36度の倍の角度と考えてみます。

オーブは、0、79度取ります。

人生の課題に対してもっと自分は出来るはずだという

姿勢で取り組み続けます。

もっと出来るという感覚が普通の人のやる気の3倍と

考えても良いかも知れません。

ここで注意したいのは、このアスペクトが天秤座の

リリスとの組み合わせであるということです。

やる気を出せば出すほど感覚が逸脱していきます。

この逸脱と言う言葉をどのように受け取られるか

目の前のいる人に説明していないので修正出来ませんが、

普通に見えるのではなく違って見えてくると言えば

良いのかも知れません。

三角形が四角形に見えるとか、赤色が青色になる

というよりもやる気が高まるほどに対象が動き出す

ような感じではないでしょうか。

三浦春馬さんは、その変化を触ろうとするような感じで

知覚しようとするかも知れません。

演じる上では、こうしたら良いのではないか?

というアイデアの源になっていたかも知れません。

感覚がムーブすることは何であれ、慣れると

楽しい側面があります。

しかしこのようなリリスに一人でいる時に

憑りつかれると止めてくれる人がいませんから

要注意です。

ドラゴテイルとリリス

ドラゴテイルとリリスは、72,21度です。

キンタイルで考えます。

オーブは、0,21度です。

元々持っている資質が天秤座のリリス的な感覚と

協力してクリエイティブな働きをします。

他のリリスのアスペクトで書きましたが、三浦春馬さんに

とってリリスは演じることには有利に働いていたようです。

まとめ

73記事書いて感じる三浦春馬さんの本当の死因

という記事を書きました。

その中で自分を短時間で効率的に癒すために

死と戯れていたのではないかと書きました。

第1ハウスの支配星である月が第1ハウスにある

三浦春馬さんにとって遊ぶという行為は正常さや健全さを

保つために必要不可欠です。

ノード軸の母なる世界は、その人だけが感じる

母なる世界、母性との関係性です。

限られた時間でこっそりと子供にかえっていた

三浦春馬さんは、リリス天秤座の目でしか見えない

友人と遊んでいたのかも知れません。

それは三浦春馬さんの本音を投影したものなのか、

本当に他者なのかは分かりませんが、特別霊的な

特徴が多いわけでもないので遊びたがっている自分の心と

遊んであげていたのかも知れません。

リリスは、どんなに苦しくても楽しめる感受点です。

火星はモチベーションが下がるとアウトですし、

金星もしんどい時には、無理です。

月は安らぎですがストレスが一定レベルを超えると

寝ることもままなりません。

リリスの欲望は元々逸脱していますから

ぎりぎりの手前でも優雅に遊んでくれる影

みたいなものです。

影は「はるまくん、つぎはここにかくれて・・・」

と言ったのかも知れません。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!