三浦春馬さんの芸術的な資質と母親の関係(パラス)

sponsored link

三浦春馬さんの母なる世界で天体や感受点が

どのように働いているかチェックする試みを

行っています(三浦春馬さんのノード軸)。

そしてその目的は、

三浦春馬さんの命を守れる女性

について考えることになってきました。

三浦春馬さんのドラゴンヘッド

水瓶座14,79度。

誕生時には、リバースしています。

水瓶座のドラゴンヘッド

視野を広く持つことで主観的な思考から

自由になります。

ただしこれだけでは自由なだけで何かしら

結果を求めている

わけではありません。

そこでドラゴンテイルとセットで考えることが

大切になります。

このような性質を破壊的なものにしないためには

継続した努力が必要です。

ドラゴンヘッド第7ハウス

社会的に有名になれる可能性があります。

人気運も期待出来ます。

協調性を活かして発展します。

前に進む力が弱くなると優れた思考や判断の内側に

こもってしまいます。

早目に出てこないと最悪出られなくなります。

一般的には、そのような過程を繰り返しながら

向上していきます。

優れた思考や判断の外にい続けることが大切です。

三浦春馬さんのドラゴンテイル

獅子座14、79度。

誕生時には、リバースしています。

獅子座のドラゴンテイル

他人の評価を気にしますが、すでに自分自身の

価値について確信を持っています。

それでも他人に注目して欲しいのです。

ドラゴンテイル第1ハウス

苦労の種子が内面に宿っています。

その結果、無意識に望むことと外側から見える

行動にギャップがあります。

三浦春馬さんの場合は、素晴らしい演技の裏で

死や愛の答えを求めて特定の脚本に挑戦したり

していたなんて一般視聴者は思いもしません。

苦労の種子とは、このようなこだわりのある動機です。

しかし、これはこれで取り組むことなので気にせずに

客観的になることでギャップを埋めやり遂げていけます。

sponsored link

ノード軸とパラス

ドラゴンヘッドとパラス、82,57度です。

ドラゴテイルとパラスは、97,43度です。

ノード軸は、180度です。

多角形の外角の総和は、360度です。

ドラゴンヘッドとパラス

三浦春馬さんのドラゴンヘッドは、水瓶座ですから

牡牛座のパラスを活かすことは人生の課題の取り組みが

パラスの性質に限定されることになります。

そうは言ってもパラスは、小惑星ですからそれほど

影響力があるわけではありません。

ただ結果的に三浦春馬さんは、パラス牡牛座の持つ

美的センスや身体を使った表現を仕事にされました。

本来、合わない性質の組み合わせであるからこそ

真剣にならないと良さを引き出せない組み合わせです。

真剣になる最初のスタートは母親の愛情というか

勧めでした。

母親との歯車がキーワードです。

度を超すと縁が切れてこのアスペクトは力を失います。

ドラゴテイルとパラス

三浦春馬さんのドラゴテイルは獅子座であり注目される

ことで元々持っている資質が引き出され易くなります。

パラス牡牛座は、大勢ではなく信頼出来る誰かが

愛情深く注目してくれたら美的センスや身体を使った

表現や才能が発揮され易くなります。

多くの人に注目されることと特定の誰かにだけ

愛され励まされることはかなり違ってきます。

この特定の誰かは、ノード軸という母なる世界の

具体的な姿となって接してくる母親です。

母親に存在を肯定してもらうことを通して

ドラゴテイル獅子座の資質も活かされていたでしょうが

三浦春馬さんが評価され活躍の場が広がることで

母親の主張とドラゴテイル獅子座の感覚は噛み合わなく

なりますから適当にいなすような感じになることは

仕方がありません。

上手くいっている間は、元々持っている資質を

上手に活かすようなかっこうになりますが、

決して何も葛藤がないわけではありません。

それでも葛藤を表面化させずに上手く活かすことで

補い合うアスペクトになっています。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!