三浦春馬さんの愛に対する譲れない部分の影響(ジュノー)

sponsored link

三浦春馬さんの母なる世界で天体や感受点が

どのように働いているかチェックする試みを

行っています(三浦春馬さんのノード軸)。

そしてその目的は、

三浦春馬さんの命を守れる女性

について考えることになってきました。

三浦春馬さんのドラゴンヘッド

水瓶座14,79度。

誕生時には、リバースしています。

水瓶座のドラゴンヘッド

視野を広く持つことで主観的な思考から

自由になります。

ただしこれだけでは自由なだけで何かしら

結果を求めている

わけではありません。

そこでドラゴンテイルとセットで考えることが

大切になります。

このような性質を破壊的なものにしないためには

継続した努力が必要です。

ドラゴンヘッド第7ハウス

社会的に有名になれる可能性があります。

人気運も期待出来ます。

協調性を活かして発展します。

前に進む力が弱くなると優れた思考や判断の内側に

こもってしまいます。

早目に出てこないと最悪出られなくなります。

一般的には、そのような過程を繰り返しながら

向上していきます。

優れた思考や判断の外にい続けることが大切です。

三浦春馬さんのドラゴンテイル

獅子座14、79度。

誕生時には、リバースしています。

獅子座のドラゴンテイル

他人の評価を気にしますが、すでに自分自身の

価値について確信を持っています。

それでも他人に注目して欲しいのです。

ドラゴンテイル第1ハウス

苦労の種子が内面に宿っています。

その結果、無意識に望むことと外側から見える

行動にギャップがあります。

三浦春馬さんの場合は、素晴らしい演技の裏で

死や愛の答えを求めて特定の脚本に挑戦したり

していたなんて一般視聴者は思いもしません。

苦労の種子とは、このようなこだわりのある動機です。

しかし、これはこれで取り組むことなので気にせずに

客観的になることでギャップを埋めやり遂げていけます。

sponsored link

ノード軸とジュノー

ドラゴンヘッドとジュノーは、81,18度です。

ドラゴテイルとジュノーは、98,82度です。

ノード軸は、180度です。

多角形の外角の総和は、360度です。

ドラゴンヘッドとジュノー

ジュノーは、小惑星ですからあまり重視し過ぎては

いけませんが、深い愛情の結びつきを求めるジュノー蠍座

に対して人生の課題を示すドラゴンヘッドは水瓶座です。

81、18度ですからスクエアではありませんが、

かなり大変な関係です。

前向きに考えると成長と愛情のダイナミックな関係です。

小惑星ですからと前置きをしたのは、恋愛の終わりと成長が

交互にやって来るような感じがあるからです。

これが決定打ではありませんが、このような傾向を

フォローしています。

物事が噛み合っている間は、圧倒的な成長力を

表しています。

人生の課題を放棄すれば愛が優しく微笑むような

気がする側面もあります。

ドラゴンテイルとジュノー

持っている資質を活かすには、愛情に関することよりも

才能を優先する必要があります。

常に愛情に関する何かを乗り越えていくことで持って

生まれた才能を開いていきます。

まとめ

ドラゴンヘッドにしてもドラゴテイルにしても

愛情に関する上記したような関わり方をする部分が

あるということです。

このジュノーは月や金星、火星という愛情に関する

個人天体にスクエアで絡んでいますが、何度も

書いたように小惑星です。

それでもトータルに考えると(第5ハウスのジュノー、

冥王星とコンジャンクション)、愛に関するこだわりと

言うか主張の強さみたいなものがあって繊細で

優しい三浦春馬さんの中では珍しくちょっときつく

なってしまう部分になります。

第4ハウスのリリスや冥王星の傷痕がここに残っている

という言い方が出来るかも知れません。

このような部分を抱えて恋愛関係でも一切このような面を

出さなかったのなら逆に愛が不要になります。

それは愛に何も期待しないことと同じだからです。

そんなことは確かめる術もありませんが、三浦春馬さん自身の

感じ方としてはあったかも知れません。

こういう部分をぶつけられる相手と言うか、ぶつけて

ケンカ出来たりするようなタフな恋人やパートナーであれば

そちらの方が救われます。

さて、実際はどうだったのでしょう。

これは三浦春馬さんにとって愛に関する譲れない部分でもあります。

愛に関する制約が多い中で許された部分は、その人にとって

現実的な愛になります。

それは客観的に見ればおかしなことであっても変わりません。

ましてや金星や火星といった恋愛関係から見た相対的な愛であれば

交際する相手次第でいくらでも評価が変わる部分です。

どんなに気があっても「そこは少し変じゃない?」みたいな

言動を相手に感じると相手に対して全然愛について分かってないと

思ってもおかしくありません。

これはとても厄介です。

許された部分を否定すればそもそもの後ろ盾となる愛情が

無かったことになります。

とても長い年月をかけてパートナーと少しずつ修正を

かけていく部分です。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!