チャンスいっぱいの射手座の上弦の月

sponsored link

射手座の上弦の月を8月26日の午前2時58分に迎えます。

獅子座の新月で決めた目標を加速するチャンスです。

獅子座の新月の流れからの新月ですから、本当の自分を

どう表現するのかがテーマです。

上弦の月は月と太陽がスクエアになるタイミングですから

切り替える時です。

獅子座の新月でスタートしたことを更に望む方向に

修正を加える感じになります。

しかも今回の上弦の月は、カイト幸運術で取り上げている

カイトが出来上がっています。

この運勢は、大きな目標を持つほどダイナミックな

動きが生まれます。

今回のカイトの幸運部分であるグランドトラインは、

地のサイン(星座)ですから簡単に動くものではありません。

どちらかと言えば自分の中である程度しっかりと

固まっていることが良いかも知れません。

もう一つ抑えておきたいのは、第2、6、10ハウスで

作ったグランドトラインの幸運のエネルギーは、

第12ハウスにある金星に向けられます。

グランドトラインの幸運のエネルギーを実際に活かす

ポイントが第12ハウスの金星なのです。

金星ですから自分自身の喜びとリンクしていますから

是非、好きなものの中からグランドトラインの幸運の

エネルギーを受け取る器を探して下さい。

sponsored link

そしてその金星は第12ハウスにありますから

かなり精神面に寄っているものです。

これはスピリチュアルでなければならないという

意味ではなく精神面にまで届くような深い楽しみと

考えれば大丈夫です。

今回の射手座の上弦の月は、正しく使えればかなり

ジャンプ力があります。

もし昨日から今日にかけて嫌なことがあった人は

そこにヒントがあります。

カイトは、穏やかな幸運ではなくグランドトラインに

オポジションが加わることで明確な目的を必要としますから

ジャンプする前にかがむみたいなことがあった方が

目的が鮮明になり易いのです。

今回の上弦の月は、良いポイントは沢山ありますが、

占星術的な理屈よりも実行した程度に応じて幸運の

エネルギーの働きかけは変わっていますから好きなことを

進めていければ十分です。

射手座は、探求する時にもっとも相応しい態度です。

試行錯誤を無駄と思わずに楽しみながら多くの学びを得ます。

このような取り組みで得られる豊かさ自分自身の射手座の

ハウスを見ればどんな収穫があるのか考えることが出来ます。

グランドトライン部分の天体は、太陽、木星、土星、

天王星、冥王星となかなか重いですからゆっくりと

強い力で回す取り組むイメージです。

グランドトラインの幸運のエネルギーは、反復を

重ねていくことで高まっていきます。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!