三浦春馬さんは、自分自身の死をどのように感じているのか(タロット占い)

sponsored link

三浦春馬さんの月が語る生きる力が尽きた理由と素晴らしい対話をするポイント

と言う記事に

「タロットカードを引くなら三浦春馬さんがどのように

亀裂の入った月にエネルギーを蓄えていたのか

ということが良いです。

素晴らしい対話が出来るはずです。」

と書きました。

ホロスコープを読むと時とタロットカードを引く時は

テンションが異なるのもありますが、ノード軸という

見えない母なる世界からだけではなく改めて三浦春馬さんの

生まれた日の月を見直してからタロットカードを

引いてみました。

世界は欲しいモノにあふれているを観た後にどうしても

この後に自ら死を選択したと思い難かったのです。

亀裂に関して直接的には聞けませんから

月に生きるエネルギーが残っていたのか

母なる世界に住んでいた魂は今回の人生の課題について

納得出来たのか等々について

引いてみました。

1枚目のカード

カップの1の正位置

三浦春馬さんの心の中には愛が満ちていたようです。

しかしその中には、三浦春馬さんが認めた人しか

入れない状態です。

言い方を変えれば愛を外に向かって出したいという

気持ちがあります。

しかしこのような欲求は分裂した自分(仕事に全力を

尽くす自分と子供らしく生きたい自分)を統合したい

表れという側面がありそれが実現出来る場所を

求めるという希望、その究極は死という場合もあります。

2枚目のカード

コインの2の逆位置

心の中に不安があります。

鬱っぽくなるような不安です。

偶然が介入し責任が果たせない状況を

受け入れようとしています。

許そうとしています。

sponsored link

3枚目のカード

ワンドの4の逆位置

どれだけ頑張っても休むことが出来ない。

終わりがない。

月にエネルギーを充電する時間がない。

1枚目のカードに繋がります。

頑張ることを止めて三浦春馬さんを統合してくれる

大きな存在に自分を託そうとしています。

枚目のカード

カップの8の正位置

もうまったく気力が湧いて来ない。

前に進むことが出来ない。

無限ループから抜け出せる見込みがない。

このような三浦春馬さんの感じ方について

誰も見えていません。

5枚目のカード

ワンドの3の逆位置

ここから新しい可能性を切り開いていくには

まだまだ多くのことを学んだり実力を蓄えないといけない。

と三浦春馬さんが感じているという言い方も出来ますが

自分を統合してくれる大いなる力に身を委ねることについて

もう何も疑問を感じない。

とも言えます。

最後の結論が出たようです。

もう遮るものはない、と三浦春馬さんは感じたようです。

6枚目のカード

コインの7の正位置

三浦春馬さんががっかりしています。

どれだけ頑張っても報われない。

絶望とまでは言いませんが、ここまで頑張れば救われると

思っていたのに何も変わらなかったと感じています。

このカードは明らかに仕事に対して落胆しています。

だからこそ自分の感じていることを具体的に形にしても良いと

思ったようです。

7枚目のカード

コインの9 正位置

6枚目のカードの質問に対して三浦春馬さんが答えを出したのです。

20歳の頃に10年死ぬ気で頑張れば何かが変わると信じて

目いっぱい頑張って

三浦春馬さんにとってシンシア・エリヴォさんとの出会い

が、最後の大きな希望だったようです。

そして彼女から得た閃きは個人的にはちゃんと形に出来た

自負が三浦春馬さんの中にはあったようです。

まとめ

もう前に進む力は残っていない。

個人的な成果には満足している。

tamakaiのまとめ

無限に続く仕事(三浦春馬さんはそう感じているようです)を

継続する力はもう残っていないと感じたようです。

起きて今日を始める準備をする代わりに終えることに

したことについて達成感を得られるほど個人的な満足は

あったようです。

無限ループから外れることについて他の力の気配が

チラッと感じられましたが、それ以上は

深追いしませんでした。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!