三浦春馬さんを癒せるタイプの人(セプタイル、イーストポイント)

sponsored link

三浦春馬さんは、仕事ではとてもプロフェッショナル

なのにセプタイル(約51、25度)のアスペクトを

持っていません。

ホロスコープの軸のしっかりとした部分と同時に

葛藤部分も強さ多さのせめぎ合いの中で生きるために

必死で頑張り続けてきたとも言えます。

生きる上で譲れないポイントの占い方(セプタイル・Ep)

という記事でイーストポイントやウエストポイントを

取り上げました。

セプタイルのような徹底的に追及するポイントでは

ありませんが、ウエストポイントは才能が目覚める

部分をお意味します。

このウエストポイントに三浦春馬さんのネイタルの

ホロスコープの海王星は、コンジャンクションですから

芸術的な才能を元々持っていて、それが目覚める

ということになります。

恐らく見る人が見れば幼少期から光るものがあったと

思います。

そして日本を代表する若手(中堅?)俳優になりました。

そしてさらに三浦春馬さんがどのような俳優になっていくか

見たかった人は多いと思います。

三浦春馬さんは、自分自身の死をどのように感じているのか

という記事を書きましたが、セプタイル的動機ではなく

普通の人が持つような動機と気持ち、

それどころか、もっと繊細な動機と気持ちで

頑張り続けてきたことが窺えます。

そうだとすればやはりどこかで限界が来たり

普通の人と同じように苦しくなる時期もあるわけです。

三浦春馬さんのように普通の人の何倍も努力が出来ても

出来ることと心や気持ちが持ち堪えることはまた別です。

頑張れなくても耐える力が強い人もいます。

生きることが苦しくなった時に可能性を諦めずに

何とか命を刺激するポイントになるのがイーストポイント

という言い方も出来ます。

sponsored link

これは本来の自分自身の姿を求めて頑張るイーストポイントの

結果がウエストポイントであるという流れをウエストポイントの

側から見た場合の解釈です。

このウエストポイントを肯定的に刺激してくれる人が

生きる活力が生きられないほど減ってしまった三浦春馬さんの

命を代わり動かしてくれます。

三浦春馬さんのイーストポイントは蟹座13、16度ですから

ウエストポイントは、山羊座の13、16度です。

この度数とコンジャンクションになる太陽や火星、木星、

ドラゴンヘッド等を持っている人は、天体によって

役割は異なりますが命のダイナミズムを保つことを

補助してくれます。

三浦春馬さんの気持ちは、鬱っぽい感じ方が抜けるまで

変わりませんが、形だけでも生き続けることをアシスト

してくれるのです。

やがて厳しい時期を抜けていけば死を選択したりはしません。

もちろん一つのポイント過ぎるので人間同士としての

トータルな相性が良くなければこの相性は活かせません。

その点は注意が必要です。

今さら的な記事ですが、もしもう生きているのが

しんどいとか、もう頑張れないとか、そんな時は

このような助けもあります。

そしてここまでポイントを絞らなくても恋人やパートナーが

いる人は相手の天体や感受点が自分のどのハウスにそれらが

入るかを調べてみるとどんな風に助けてもらっているのか

理解出来ます。

仲良くして助けてもらいましょう。

そして先に感謝することでその愛情を受け取りましょう。

三浦春馬さんのホロスコープを読むのは、三浦春馬さんが

立体的になるような理解を重ねることで少しずつ新しい

イメージを積み重ねて、その度にタロットカードを引くためです。

一度に7枚引くのでカードの説明が箇条書きになって

しまいます。

自分自身の中の三浦春馬さんが新しくなるまで

次のタロットカードは引かないのでもっと1枚のカードに

ついて掘り下げた書き方をしようかと思います。

タロット占いをした時はタイミングがあるので

取りあえず感じたことを一通り書きますが、

後日にでも堀り下げることは出来ます。

この記事でも三浦春馬さんのウエストポイントに対して

コンジャンクションする天体ごとにどのように

励まして欲しかったか対話することも出来るわけです。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!