魚座の満月と自分の浄化のポイントの考え方

sponsored link

9月2日の14時22分に太陽と月がぴったりと

オポジションになります。

満月は、新月よりも真面目に過ごすと言ったら変ですが

慎重に振る舞った方が良い効果が得られます。

どの満月でもそうですが、コースアウトすることなく

上手く折り返していくことが大切です。

明日は魚座の満月ですからきちんとカーブを曲がり

切れたら素晴らしい浄化作用が得られます。

人間の時間軸は真っ直ぐな線になっていますが

物事の進化や退歩はスパイラルになっていますから

頑張ったからと言っても急に成果が出ることも

無ければ、さぼったからと言っていきなり状態が

悪化することもありません。

一つの次元が一周し終わる頃に一気に伸びたり

下がったりします。

新月満月(朔望月)のサイクルは、その小さなものです。

1日の中にもリズムはありますが、流石に1日では

現実に反映させることは無理があります。

ここで言う成果とは、テクニカルに利益を出すことではなく

僅かなりとも自分自身の存在を真に押し上げることです。

sponsored link

このようなスタンスで今回の魚座の満月を考えると

ホロスコープの一つ一つのアスペクトの意味も大切ですが、

自分自身のホロスコープの魚座10、2度がどのハウスに

あるかとか、アスペクトが発生していないかとか

そちらの方が重要です。

アスペクトは本当に人それぞれですが、魚座の満月が

起こるハウスは、12種類のハウスしかありません。

大切なことの一つ目です。

魚座の満月のあるハウスを通して浄化すると効率的

とも言えますし、そのハウスのテーマを優先して

浄化すべきとも言えます。

ネイタルのホロスコープの魚座10、2のハウスです。

もう一つのポイント。

蟹座10、2度のハウスやそのアスペクト等が

アシストしてくれるとも言えますし、そのハウスは、

2番目に浄化すべきとも言えます。

最後のポイント

浄化する道具は、乙女座10、2度のハウスにあります。

道具と言っても具体的なものではなくイメージです。

イメージが一般的です。

まとめ

今回の魚座の満月はとても重要で自分自身を浄化することで

これまでの流れで超えられなかった壁を無理矢理クリア

するのではなく通り抜けていく道を見つけることです。

若しくは自分自身が壁をすり抜けるということです。

このような例えがスピリチュアル過ぎて受け付けられない場合は

壁を攻略するイメージを先に得てから時間をかけて

ある程度の適切な時間と労力をかけて望む結果を

現実の中で得ると考えれば同じことです。

第8ハウスと第2ハウスで起こる満月ですから

深い繋がりや身体的なものから派生する側面を重視して下さい。

亡くなった人との繋がりも含みます。

このように書くと自分自身のハウスとの関連と混乱される

場合がありますが、自分自身に引き付けたテーマの

深い繋がりや身体的な側面という順番で考えれば

上手くまとまると思います。

そして何よりも魚座の満月は、可能な限りゆったりと

過ごすことです。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!