三浦春馬さんの誕生日360通り(0時4分)

sponsored link

三浦春馬さんが1990年4月5日

0時4分に生まれた場合

たった4分移動しただけですが、アセンダントのサインや

山羊座になります。

アセンダント 山羊座 0,47度

MC 天秤座 20.71度

イーストポイント 山羊座17、57度

ウエストポイント 蟹座17、57度

パートオブフォーチュン牡羊座27、35度

パートオブスピリット乙女座3、36度

パート・オブ・フェイタリティ

これは宿命を見ます。

前世的な内容とも言えます。

バーテックスは、獅子座11、67度です。

アセンダント山羊座について

伸びやかな射手座のアセンダントから社会的に

認められるために行動するアセンダント山羊座に

入っていきます。

0時4分の段階ではアセンダントとだけ変化し

MCは天秤座のままです。

サビアン度数が山羊座1度なので無意識のうちに

がむしゃらになります。

山羊座っぽくあろうとして無我夢中な状態です。

しかしパートオブスピリット乙女座2、56度(0時1分)が

第8ハウスになった以外は各カスプの度数が変わっただけです。

これは魂が求めている内容が第8ハウス的テーマという

ことになります。

思想的な価値を追及する第9ハウスから個人の社会的個性を

ある意味で消滅させて絆を作っていく第8ハウスに魂が

求める価値が変化したということです。

他人との交際はとても大切に楽しまれていたと思われる

三浦春馬さんですが、突然亡くなった印象は拭えません。

だからこの生まれ時間がどうのこうのということではなく

この時間に生まれていれば魂は人との深い絆を求めていた

と考えるだけです。

ハウス

第1ハウス射山羊座

土星、天王星、海王星

イーストポイント 山羊座16、19度(0時1分)

第2ハウス水瓶座

金星、火星、ドラゴンヘッド

第3ハウス魚座

太陽、ベスタ

第4ハウス牡羊座

水星、パラス

第5ハウス牡牛座

天体や感受点無し

第6ハウス双子座

天体や感受点無し

第7ハウス双子座(インターセプト)

木星、キロン

ウエストポイント 蟹座16、19度(0時1分)

第8ハウス獅子座

月、バーテックス

パートオブスピリット乙女座2、56度(0時1分)

第9ハウス乙女座

天体や感受点無し

第10ハウス天秤座

リリス

第11ハウス蠍座

冥王星、ジュノー

第12ハウス射手座

天体や感受点無し

sponsored link

アセンダント 山羊座0度台

サビアン度数山羊座1度

サビアンシンボル 認識を求めるインディアンの酋長

社会的に認められるために激しく自己主張します。

まだ射手座の気分も残っているので自己主張の激しさは

火の星座と同じようなものです。

ただ欲するのではなく認められることが目的に

なっていますからそこに甘えはなく目標必達の意思を

持ってごりごりと自分を押し出していきます。

本当にアセンダントのサビアン度数がこれであれば

このような姿勢は正解ですが、三浦春馬さんの愛を

獲得するために身に付けた姿勢はこのようなものでは

ないでしょう。

恋愛をされている時は割と落ち着いた感じと言うか

極端に隠すような感じではなかったのは月星座が

獅子座であったりすることが大きいでしょう。

アセンダントは地球に割り込んで来た時のスタイルと

言われますが生まれ落ちて周囲から受け入れてもらうために

身に付けた姿勢と考える方が現実的です。

占星術的な理論と現実の折衷案としては、アセンダントの

姿勢は、宿命とも言えます。

幼少期の周囲の雰囲気を察することが出来ます。

宿命的に求められる役割であるバーテックスは

獅子座のままです。

ここだけ見ると俳優活動や歌手を初め他人から見られる

役割は正しいとも考えられます。

ただし宿命的、魂のアセンダントととも言える

イーストポイントは山羊座のままです。

この三浦春馬さんの誕生日に360通りのホロスコープの

観察はそれぞれのファンの方が自由に三浦春馬さんの魂を

想像するための材料として書いています。

正解はありません。

これだと思える三浦春馬さんで良いと思います。

何故なら私たちの心の中でしか三浦春馬さんは生き返れません。

多くのファンの方々が少しずつ三浦春馬さんの魂のイメージを

分有し続けられたらそれが正解だと思います。

記事は、ゆっくりと書くことにしましたが、せっかちなので

ホロスコープはかなり先まで見て戻ってを繰り返しています。

やはり三浦春馬さんの魂(現在)をイマジネーション出来る

感受点を中心に書いた方が良いように思えます。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!