心の痛みや悲しみを解決するホロスコープの使い方

sponsored link

HSPタイプの人が楽に変化に適応する方法

という記事を書きましたが、このような時に

ほとんどの人が引っかかるのが心の痛みです。

痛みに気付いた時に必ずこれは嘘なんかじゃない

本当、本物だと思います。

そして慣れ親しんだ自分自身に合わない習慣に

戻っていきます。

そして決して本当に幸福になれないこと絶対に

願いが叶わないことが自分自身の運命なのだと

静かに受け入れます。

自嘲気味に納得します。

そして溺れる誰かをその他大勢の人と一緒に

叩くことで癒されるようになります。

ですからゴシップ記事は永遠になくなりません。

大人も子供も弱いものをイジメます。

自分自身がそのようなターゲットにならないように

用心深く周囲を見渡します。

心の痛みをどのように扱うかが本当に楽しく

生きられるかどうかの大きな分かれ目です。

心の痛みの取り扱いを間違えればどんなに成功しても

不幸なままです。

何を達成しても中身は何も変わりません。

せいぜい自分よりも弱い存在を見つけて憂さ晴らしを

する程度のことです。

それは悪意だけでなく善意を通して行われる場合もあります。

このような不毛なネットワークとは別に生きるには

心の痛みを適切に扱う必要があります。

sponsored link

適切に扱うと言っても正解は人の数だけあります。

決まり切った答えはありません。

リンク記事では、調子が悪くて動けないように感じられても

実際に動き出すと思ったよりもはるかに動ける部分を

軸に使うことを書きました。

心の痛みを適切に扱うためには、自分の調子を悪くする

ようなアスペクトを持った天体や感受点を使います。

これが意味するものは、同情とかではなく、

諦めでも猜疑心でも不安でも恐れでもありません。

宿命を味方に付ける視点です。

世俗的な価値観から見てマイナスに働き易い性質や環境は、

宿命として受け入れるしかありません。

恵まれた資質や環境を喜んで受け取ることを考えると

まったく正反対です。

宿命は逃れることは出来ませんから受け入れなければ

心の痛みは増すばかりです。

宿命に関しては、ホロスコープの中にある扱い難い部分に

表れますからそこを丁寧に検討することをお勧めします。

それを行った上でもっとヒントが欲しい場合は、

パートオブフェイタリティを計算します。

先ず最初にホロスコープ全体を読まないと視野が狭くなり

この感受点の意味を誤解する恐れがあります。

パートオブフェイタリティの計算方法は、

(アセンダント+土星)-太陽です。

宿命的な感受点は、ノード軸、イーストポイント軸、

バーテックス軸もあります。

イーストポイント軸をASC・DSC軸、

バーテックス軸をMC・IC軸のように考えて

より詳細に宿命について考えることも出来ます。

ホロスコープを通して宿命について考える理由は、

宿命こそが逃れられない心の傷を作るからです。

それは月と冥王星のスクエアが表すような虐待を

意味する場合もあるでしょう。

しかしそれをを受け入れなければ心の痛みは

激しくなるばかりです。

しかし痛みは嘘ではないと感じて、考えて

痛みが自分自身のアイデンティティーになっている

場合もあります。

この痛みと受け入れる、受け入れられないという

ループから抜け出すには、つまり心の痛みを解決するには

宿命に対して同情ではない悲しみの感情を育てることです。

哀愁という表現が適切かも知れません。

心の痛みは、そのような感情を育てることで乗り越えていきます。

それは宿命を積極的に生きる時に自然に湧き起こる感情です。

マイナス要素を肯定しているわけでもなく否定している

わけでもなく自分自身を完成させる意思を持って受け入れていく

姿勢や覚悟があります。

そのような時に後ろ向きではなく前向きな哀しみの気持ちが

生きる推進力になっていきます。

それはホロスコープの長所部分、短所部分といった分け方を

超えて全体が自分らしく統合されるプロセスです。

その道のりを歩む時に今はどんなかな?とか

これから先どうしようかな?と感じたら

考えるよりも先ず気持ちに聞いてみることが大切です。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!