持って生まれた豊かさを知って今のまま何倍も幸せになる

sponsored link

以前、ハウス別タイプの分かり易い例として

ステリウムやオーバーロードを取り上げました。

1、ステリウムは、三つ以上の天体や感受点の

コンジャンクションです。

2、オーバーロードは、同じサイン(星座)の天体や

感受点が三つ以上ある場合です。

3、この他にも同じハウスに三つ以上の天体や感受点が

入っている場合ということもあります。

ハウスの中身の前後でサイン(星座)が変わることは

よくありますから、その場合は同じサイン(星座)

でもなく、ステリウムでもない場合もあります。

分かり易いのこの3パターンかも知れませんが

月、太陽、土星があるハウスも大切です。

色々と言い出したら切りがないので天体や感受点が

沢山集まっているハウスや星座や太陽のあるハウスは

注目してみても良いと思います。

何故、天体や感受点の集まっているハウスに注目するかと

言うと自分自身がエネルギーを投じる場所、分野だからです。

多くのエネルギーを投じればそれだけ反応も大きくなります。

sponsored link

これが意味することは、その人の豊かさのリターンは、

第2ハウス、第6ハウス、第10ハウスといった

一般的な収入を得る方法に限らないということです。

最終的には、仕事や贈与といった形態に収束されて

いきますから、どのような方法や分野を通して

豊かさがもたらされるかと考えて良いと思います。

もっと言えばその人なりの豊かさがあるということです。

ある特定のハウスに天体が集まっていない場合は

どうすべきなのかと考える人もいると思います。

太陽やトランスサタニアンとアスペクトを作っている

個人天体や強いアスペクトを作っている天体や感受点が

入っているハウスを考えることも出来ます。

自分自身の豊かさがどんなところにあるのか一度調べると

案外、面白いかも知れません。

トランジットの影響で強まることもあるので

豊かさにも変動があります。

何はともあれエネルギーを沢山投じる分野は、井戸掘りと

同じでやがて水が出るものです。

これを単純に金運に結び付けるならばマネタイズする

テクニックが必要になりますが、わざわざ面倒なことを

しなくても生きていくには多種多様な豊かさが必要になります。

最も言われることは、お金があっても健康でなければ

困るでしょうし、孤独も嫌でしょう。

ホロスコープを通して自分自身が持って生まれた豊かさを

チェックしてみるとけっこう大きな発見があります。

自分自身が持っている豊かさについて詳しくなると

幸運を集めるのが楽しくなります。

良い意味でゲーム感覚と言うか、「あっ、ここにも」

「あそこにも」みたいな感じです。

太陽と月の組み合わせによっては、細かく拾うのは

性に合わないタイプの人もいるでしょう。

しかし大きな運は、小さな運をまとめて受け取ったり、

単純に小さな運の集合体とも言えます。

目立った運だけを大切にして小さな運をぞんざいに

扱う人は、絶対にツキに見放されます。

ホロスコープをちゃんと読むと分かりますが、多くの

エネルギーが集まっているハウスは多くのハウスから

エネルギーが来ているとも言えるのです。

つまり○○ハウスの支配星が△ハウスにあるという

△に複数集まって来ているのです。

どのような分野を通してという金運的な味付けで

書いたので支配星の動きを取り上げましたが、

エネルギーの最終的な受け皿は月です。

月を相手にごりごりの意思の力で幸運を集めても

上手く入りません。

持って生まれた幸運に逆らわない感じで上手に

コントロールするのが一番です。

それは自分を放棄することではなく自分に適した幸運を

積極的に集めていくと表現すると近いかも知れません。

言い換えれば、大して頑張らなくてもハッピーになれる

感覚であり、だからこそ沢山頑張れます。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!