三浦春馬さんの記事を105書いて起きた変化

sponsored link

三浦春馬さんの記事が105になりました。

最初は突然亡くなった衝撃でいっぱいでしたが

次第に三浦春馬さんの死を通して全ての人に

開かれた扉があることに気が付きました。

そのことをどのように受け止めるかは、人それぞれ

ですが、このブログを通して受け止めたことは、

やはりスピリチュアルな部分が大切だと言うことです。

それが意味するのは、三浦春馬さんが開いた扉から

届いたものを読んで頂いている方と共有するためには

ホロスコープの天体や感受点に関して良いことだけを

書くことが大切だということです。

どうしても物事の裏側から考える癖があるので

なかなか難しいことなのですが、少なくともそのような

気付きを得ることが出来ました。

私は三浦春馬さんと直接お会いしたことはありませんが、

意識を三浦春馬さんに揃える時間を持つことで

太陽星座が示すような現実を見る私たちの意識が

思い悩む必要がないことに気が付きました。

「思い悩む必要がない」という表現は、言葉足らずで

このままでは真意が伝わらないことは重々承知しています。

sponsored link

この真意をこのブログの目的を通して表現したら

それぞれの天体や感受点(ハウス、アスペクト含む)の良い

部分だけを書けば良いということが分かったのです。

そのようなホロスコープの読み方をした方が

「ホロスコープを読んだ人がより自分自身になれる」

ことが分かりました。

そしてよりその人らしくなることで幸せになり

豊かになり、愛はあるのだと実感出来ることが

分かったのです。

これは三浦春馬さんが伝えて来たということではありません。

恐らく三浦春馬さんの死を通して多くの人の気持ちが

新しいスピリチュアルな扉を開いたのです。

そして今もなおその扉は、更に広く深く開きつつあります。

そして誰でもそれを受け取ることが出来ます。

三浦春馬さんという存在がレンズ若しくは鏡のようになって

多くの人の愛念を一カ所に集めているのかも知れません。

ホロスコープを読む知識がいきなり変わるわけでは

ありませんが、読み方みたいなものが自分自身の中で

日々変化していくような感じがします。

これは三浦春馬さんを通して起こる変化です。

全ての天体や感受点に対してブラッシュアップを行いたい

ような気がしますが、三浦春馬さんを通して得られる何かが

日々変わっていくので流れに身を任せていくことが

ベストだと感じています。

三浦春馬さんが亡くなって悲しんでいる人が多いのは

承知していますが、本来、三浦春馬さんの存在そのものは

もっと輝いた在り方だったはずです。

そしてそれは今も変わりません。

この記事を三浦春馬さんのカテゴリーに入れて良いのか

どうか少し考えましたが現在は、このような影響も

三浦春馬さんの死に含まれていると思うので

取りあえず入れることにしました。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!