直ぐに幸せを感じるアセンダントの見直し方

sponsored link

本当の才能も可能性も持っているのに自ら命を

絶つという選択をしようとする気持ちになることが

あるかも知れません。

そのような心理状態になる理由は、自分自身が

在るべき姿と現在の自分自身の姿が果てしなく

遠いように思えるからでしょう。

在るべき姿が、経済的なものなのか、健康状態なのか、

目標(理想)と現実の自分との乖離なのか、

様々なニーズが満たされない状態がそこにあります。

自分自身が在るべき姿になるには、まだまだ途方もない

努力が必要だったり時間がかかりそうに思えると

生きることを継続し難い気分になります。

本来、生きるということは、そのように分離した

ものではありません。

人生を終える時に少しでも成長出来ているために

複雑なプロセスを経るように見えるかも知れませんが、

本来、そのような目標意識(向上心みたいなもの)と

本当の自分自身は、分かれていません。

もしこれが何らかの理由で分かれてしまうと

あらゆる物事は楽しめなくなります。

それどころかその程度に応じて生きることは苦痛に

なりますし、地獄にもなります。

地獄とはどれだけ頑張っても終わらない世界です。

どれだけ耐えても報われない世界です。

sponsored link

では何故、そのような本当の自分自身を引き裂くような

目標にしがみつくのかと言えば、何らかの恐怖に対する

防衛のためです。

しかしそれは錯覚です。

自分自身が引き裂かれた状態で頑張って生きている時に

特別な努力を何もしなくても楽しそうに生きていたり、

のんびりしているのに葛藤を感じない人を見て

批判したり、腹を立てたりする場合は、かなり重症です。

このような場合は、アセンダントのアスペクトを徹底的に

見直してみると良いかも知れません。

良いかもと言うのは、他に強い否定の要素があると

それも考慮する必要があるからです。

生きることと自分自身は、本来一体化していて当然です。

しかしアセンダントのアスペクトによっては一体化した

状態を感じるには、積極的に良い面を見出す努力をしないと

知らない間にネガティブな状態になることもあります。

もし思い当たる節がある場合は、アセンダントのサイン(星座)、

度数、アスペクトの意味を良いものにして下さい。

簡単にするなら良い部分だけをピックアップすれば

良いのですが、それでは苦しんでいる人ほど、

見つかり難い傾向があります。

天体や感受点が作り出している内容は、テキストに

書いてあるものが唯一の正解ではありません。

その天体や感受点の状態に対する回答は、本来

人の数だけ正解が生まれるとてもクリエイティブなものです。

目標と本来の自分自身が一体化した状態がアセンダントです。

生きるということに関しては、他の天体や感受点の内容は

アセンダントの内容をフォローしています。

ですからここを納得出来るまで見直せたら、ものの見方や

感じ方がその瞬間に変わります。

別に努力しなくても幸せということに直ぐ気付けます。

その結果、楽しいからやっているという状態になれます。

時々アセンダントは見直してみると良いかも知れません。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!