自分だけの幸せを見つける方法

sponsored link

どんなに複雑な問題を抱えていても幸せに生きていくための

流れは大筋では、似たような感じになります。

幸せには、外側の幸せと内面の幸せがあります。

外側の幸せは、何かを達成して手に入れる社会的な豊かさ

ですから、頑張るより仕方がありません。

内面の幸せと外側の幸せを切り離して考えるのもおかしな

ことですが、考えるために敢えて切り分けると内面の幸せは

何かを達成しなくても手に入るものです。

素直に感じられるからこそ手に入る幸せです。

しかしだからこそ頑張りようがありません。

もっと言えば頑張るほど内面の幸せは、遠ざかります。

ホロスコープを通して全体的に幸せになる方法を

考える場合は、天体や感受点の在り方を

1、努力して手に入れる豊かさ(積極的、能動的)

2、感じるからこそ手に入る幸せ(受動的、消極的)

という風に分けてその真ん中を実際の体験を通して

探していくことになります。

真ん中と言ってもミッドポイントのような計算上の単純な

中心ではありません。

sponsored link

基本的には、積極的な役割を担う天体や感受点、

受動的な役割を担う天体や感受点に分けますが、

アスペクトや複合アスペクト、ハウス、サイン(星座)によって

実際の働きは、そうそう単純なものではありません。

インコンジャクトのようにモチベーション次第で働きが

変動するアスペクトもあります。

働きが変わったり曖昧なものもあります。

ですからある程度時間をかけて自分自身のホロスコープの

棚卸しをすることをお勧めします。

幸せを支えるものは、様々な意味で愛の存在です。

ただ私たちの愛は神様の愛と異なり完全ではありませんから

完全になろうとした時点で不幸になります。

あくまでも自分独自の幸せの中心にエネルギーを注ぎ

続ける必要があります。

ホロスコープを利用して自分自身の幸せについて

「見える状態」にしているだけで、ホロスコープを

使わなくても簡単に幸せになれます。

このブログは、ホロスコープを利用して幸せになる方法、

本来持っている幸せを思い出す方法を、様々な天体や感受点

又はホロスコープの読み方を通して書いているだけです。

自分自身が好きなことを結果を気にせずに一生懸命やれば

自然に幸せを感じて生きることが出来ます。

このようなシンプルなことが様々な事情で難しいから

世の中いろいろあるわけです。

そんな時にホロスコープを通して自分自身を適切な

ポイント(生きることが楽しくなる場所)に動かして

あげるヒントを探します。

トランジットやダイレクションの影響等があって

その時々で丁度良いポイントが少しずつ動きますから

それなりに役立ちます。

能動的なだけでは、最後はボロボロになります。

かと言って受動的なだけでは、願いは叶いません。

いろいろな幸運術について書きますが、自分自身を

占うだけであれば天体や感受点のサイン(星座)、ハウス、

アスペクトを読むだけで十分です。

自分自身のことであれば特別な読み方を知らなくても

その天体や感受点のそのような情報と接した時に

「こんなことだな」とか

「あんなことだな」とか

ちゃんと分かります。

理想を言えば悩んだ時だけでなく普段から

ホロスコープを読んでいると理解し易くなります。

自動車の運転と同じでペーパードライバーよりも

ある程度普段から乗っていた方が扱い易いだけの

意味ですから、誰かに運転してもらっても構いません。

その辺りは、臨機応変です。

生きることに答えはありません。

生まれてから死ぬまでの旅です。

得るものが多く楽しく旅が出来ればと願うだけです。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!