牡羊座満月は、自分専用の幸運に視線を合わせるタイミング

sponsored link

今回の満月の重要さは、満月そのものよりも

次の新月のスタートに向けて方向転換することです。

今年大きな力で社会を圧迫していたかのような

土星が一度水瓶座に入ることでこれから200年続く

風の時代の雰囲気を感じた人もいるでしょう。

その土星も逆行し戻って来て三日目で満月です。

土星が逆行している間に風の時代を楽しく

生き残るためのビジョンみたいなものを得られたと

思います。

もしまだ何のイメージも得られていないという人も

まだ大丈夫です。

次の新月までに新しい支え(土星)を構築して下さい。

土星は、世代的な天体ですがネイタルのホロスコープの

中でアスペクトを作ることで、どこかのハウスに入ることで

個人的な意味合いを創り出します。

アスペクトは、ノード軸も含めマイナーアスペクトも

可能な限り拾って自分自身の土星のキャラクターを

考えて下さい。

人生経験の程度や蓄積に応じて必ずそこから取り出せる

ものがあります。

それ自体を活かす側面もありますが、土星の持つ姿勢が

重要です。

その姿勢が本来の自分自身を引き出します。

これは新しい時代に適応するためのドレス部分ではなく

まさに自分自身そのものですから小手先の努力は

不要です。

まず自分自身になって下さい。

と言うか、太陽星座の表す自我を可能な限り本来の

自分自身に近づけて下さい。

二つの間に不純物が少ないほど心身にエネルギーが流れ

イマジネーションを観る脳内の目がクリアになります。

sponsored link

生活レベルの具体的な手続きや変化は、12月いっぱい

かかっても良いですし、何ならば年明けまでにでも

目途が立てば、マイペースで育てていくだけです。

珍しく先のことまで書きましたが、今回の満月は

細かく考える必要はありません。

満月までに感じたことをきちんと整理してこれからの

ビジョンが得られればそれで十分です。

朝の6時頃、満月になったと思いますが、今日から

新月に向かってこれからの自分自身のビジョンを

整理出来ればそれで十分です。

すぐに冥王星が順行になって追い風モードになったり

しますが、水星の逆行もその後に始まりますから

次の新月までに完全なビジョンを用意するというよりも

年末までの新月満月のサイクルの中で本来の自分自身に

相応しいビジョンを見出していければ良いと思います。

見えてきたビジョンに応じて日常生活レベルの具体的な

取り組み等も同時に気付けていきますから同時進行でも

問題はありません。

ある意味、期間いっぱいを使いながら同時進行する方が

普通だと言えます。

自分自身を含め取り巻く状況を可能な限り調整することで

これまで無理だと思っていたことも案外と達成出来るものです。

このような流れで何かしら新しい扉が開いたとしても

それはゴールではなくスタートに過ぎません。

単なるビジョンだったものが現実的な目標になった

ということです。

今回の牡羊座満月から次の新月までは、そのような

理解で臨めば思い切ったチャレンジもありです。

重ねて書きますが、この期間に大きな成果を

手にしてもそれは成功でもゴールでもありません。

本来の自分自身が目覚めただけです。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!