年明けまでにしたい2種類の変容

sponsored link

10月4日にトランジットの冥王星が順行になりました。

冥王星の持つ変容の力が正常に働き始めますが、

火星は、11月13日まで逆行しています。

冥王星の変容の働きに乗っていくにしても個人的には、

11月13日以前と以後みたいな分け方が出来ます。

その中身を言えば火星が逆行している11月13日までは

受け身部分の変容に取り組み11月14日から年明け

(1月7日まで火星牡羊座にいます)まで能動的な部分の

変容に取り組むという分け方もありです。

受動、能動みたいな分け方をしましたが、同じ物事の

裏と表と考えても良いですし、トランジットの冥王星は

順行時点で第7ハウスにあったので人間関係に於いて

聞く力の変容と話す力の変容と捉えても良いかも

知れません。

山羊座22、48度付近の冥王星なので自分自身

ホロスコープの何ハウス入るかとかいろいろ

考える部分はあります。

考え方や具体的な方法は、人それぞれですが

11月13日までを第1段階として大きな目標に

体当たりするための準備期間みたいなものにして

11月14日以降を本番と考えても良いのですが、

同じ行為をしても自然と意味が異なるので先ずは、

違いを感じ取ることが大切です。

前半の間に基本的な部分の変容を行い、後半からは

更に一歩進めた内容でも良いと思います。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!