三浦春馬さんが助かったかも知れない方法

sponsored link

カネ恋の最終話を観て辛くなった人を救う変容

という記事を書きましたが、カネ恋の最終話を

観ることで三浦春馬さんが、本当に亡くなった

という実感を持った人は、今さらながら

多いと思います。

それは三浦春馬さんが亡くなった後で第4話を

作った俳優さんたちやスタッフの方々が

そのことを丁寧に表現しようとしたからだと思います。

主演は松岡茉優さんでしたが、観ている人たちは、

他の俳優さんたちの演技が映し出す三浦春馬さんの幻影を

ずっと追いかけていたのではないでしょうか。

今日(10月9日)で三浦春馬さんが亡くなって84日

経ちますが、改めて三浦春馬さんが助かる方法は

なかったのかと考えます。

三浦春馬さんは、確かに何かに怯えていたのかも

知れません。

そのように三浦春馬さんを追い込む何かがあった

可能性があります。

それが三浦春馬さんの主観的な感情であれ、具体的な

何かであれ三浦春馬さんを守ることが出来なかったのか?

詳細が判明しないままスピリチュアルな視点だけで

考えれば三浦春馬さんと三浦春馬さんに危害を加えようと

している何か(主観的であれ具体的であれ)に対して

死という状態を作る行為があったはずです。

この行為に対して三浦春馬さんがコントロールを失わずに

済めば死を回避することが出来ました。

sponsored link

もちろんそんなことが出来るのであれば今も三浦春馬さんのは

生きています。

三浦春馬さんに押し寄せていた何かに対してコントロールする力が

及ばなかったから本来の三浦春馬さんを守れる場所に

三浦春馬さんを連れ戻すことが出来ませんでした。

三浦春馬さんは生前もスターでした。

三浦春馬さん個人を支える存在は別にして、俳優として

スターである三浦春馬さんを支える裏面には、多くの

ファンの方たちがいるからスターなのです。

物事にや存在には、それを可能にする裏面が必ずあります。

三浦春馬さんが亡くなった後に三浦春馬さんの裏面を

支えるファンの方々の人数や気持ちの強さは、三浦春馬さんの

生前よりも高まっています。

このパワーが三浦春馬さんが生きている間に働けば

三浦春馬さんを守れる場所に引き戻せたはずです。

三浦春馬さんのの死後に俳優としての三浦春馬さんの裏面である

部分のエネルギーが急激に高まったことで新しいスピリチュアルな

扉が開いたことは何度か書きましたが、このエネルギーが

生前三浦春馬さんに働けば三浦春馬さんを守れる場所まで

三浦春馬さんを引き戻すことは可能だったでしょう。

三浦春馬さんだけに限らず竹内結子さんにしてもそうですが、

彼女を愛するファンの方は多いのに竹内結子さんを

守られる場所に引き戻すことが出来ませんでした。

竹内結子さんの裏面を支えるファンの方たちが作り出す

エネルギーが届く仕組みがあれば良かったのかも知れません。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!