飯塚幸三被告の無罪主張について

sponsored link

生まれ時間を考えない場合は、その誕生日に

共通するアスペクトになり、この期に及んで

無罪を主張飯塚幸三被告と同じ内容を持つ人に

申し訳ない気がしてホロスコープについては

アップしませんでしたが、アスペクトの様々な

一面があるという前提でポイントを思われる部分を

ざっくりと書いて見ます。

最悪な可能性を持つ生まれ時間を設定しても

良いのですが、飯塚幸三被告は、結果の重大さに

対して反省の意思が無いように見えるだけで

本当は高齢による運転ミスだと思うので

今回の致傷事件だけを取り上げてそのような

ホロスコープと断定は出来ないでしょう。

反省心が無いことと残忍な性格とはまったく別です。

アスペクトだけを考えて飯塚幸三被告のホロスコープを

見て目に付くのは、飯塚幸三被告自身が運転していた

ということで火星と土星のインコンジャクトです。

ドライブは、火星で考えます。

そのドライブに対してコントロールする側の土星が

インコンジャクトになっています。

火星獅子座について飯塚幸三被告のことを考えます。

火星獅子座が作り出す他者と自分は違うという感覚は、

有益に発揮されればクリエイティブな状態を環境なり

物質や制度なりと作ることは可能でしょう。

実際に飯塚幸三被告の経歴をウィキペディア等で

ざっと読むと官僚として火星獅子座は燃焼し他人との

差別化が達成されています。

少なくとも多くの人を傷付け殺めても許される自分

というところまで差別化された自負(プライド)があるのでしょう。

何故、「あるのかも知れません」と言ったような可能性への

言及ではなく、言い切るのかと言うと土星とインコンジャクトの

アスペクトを持つからです。

sponsored link

先ず言えるのは、インコンジャクトは、自分自身を

訓練することで成果を手に入れるアスペクトである

ということです。

しかも火星と土星の組み合わせですから、自発的に

自分を調整した側面と社会(組織)から訓練したことになります。

しかし、ここでの訓練は、創造力に伴う他人と飯塚幸三被告の

差別化です。

ウィキペディアを読むと創造の側面は、人並み以上に達成

されていますから、それと同時に他人との差別化も

達成されたと考えるとバランスの取れた見方になると思料します。

しかも獅子座と山羊座のインコンジャクトですから

その性質は、特定の価値を基準にして支配と被支配の

構図を作り出します。

そしてその序列に従って自分自身を向上させようとします。

本来ならば特定の分野において自己を向上させる動機の

上下要素です。

自分自身だけが見えている階段を上れる獅子座と山羊座の

インコンジャクト持ちの人もいれば、

1段も上れない場合もあります。

飯塚幸三被告は、上るべきところまで上れたからこそ

自分自身の運転で多くの人を傷付け人を殺めても

自分自身にOKサインを出せるのでしょう。

天体が土星が山羊座というのも、この組み合わせの大きな

ポイントです。

太陽星座双子座のルール意識にまで言及したい気もしますが

他の双子座人にとっても不愉快な事件だと思うので

そこは止めたいと思います。

スピリチュアル的な視点で言えば、どのような素質を

持っていても正解です。

本来の自分自身に近づくことによって自然と貢献出来る

他者が存在するからです。

しかしそのことと今回のような致傷事件は別です。

飯塚幸三被告自身が自分自身を修正出来ないのであれば

社会ルールが公正に働くべきです。

そうやって誰もが気持ち良く社会という他者に貢献

出来るように図られる必要があります。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!