三浦春馬さんの心の居場所にアクセスしたい人へ

sponsored link

カネ恋が終わって本当に三浦春馬さんが、

いなくなってしまったという実感にいまさらながら

衝撃を受けている人は、大勢いると思います。

もっとも新しい生前の三浦春馬さんを知ってしまい

後は生きている人たちと距離が出来るばかりで

三浦春馬さんは、過去にしかいません。

(公開されていない主演映画、天外者)が12月にあります。

他にも二つくらい出演映画の公開予定がありそうです。)

大勢の人の重い死の感覚が三浦春馬さんの死が

開いたスピリチュアルな扉を閉じようとしています。

それはファンの方々にとって意に反したものでしょうが、

大勢の人のそのような気が実際に見えない壁を作ります。

三浦春馬さんのを自分自身の心の居場所に

させてもらっていた人は、多いかも知れませんが、

三浦春馬さん自身は、どんな世界を自分自身の

居場所にしていたのでしょうか。

三浦春馬さんのICを通して考えてみます。

推理したホロスコープでICを限定すると

許容範囲は、1度以内になりますが、今のところ

破綻が感じられないのでそのまま複数のソフトで

計算して牡羊座15、20から15、32なので

サビアン度数牡羊座16度で考えます。

サビアンシンボルは、「流されてしまった船着き場」です。

他人の自由な気持ちに合わせてしまい過ぎて、

三浦春馬さん自身のことを譲り過ぎるところがあります。

生きていて傷付くことが多くなりがちな理由は、ほどほどに

あしらわずに相手の気持ちに対して無意識に寄り添って

いこうとするからです。

これを三浦春馬さんの優しさと感じるならば、ここは

三浦春馬さんの心の世界です。

第4ハウスのカスプであるIC自体は、通路であり

各階層にサビアン度数天秤座16度の世界が展開しています。

三浦春馬さん自身も様々な経験をする度に自分自身の居場所に

戻って来ることでその世界を広げ続けていたはずです。

新しい彩りを加えていたはずです。

このサビアン度数は、誰かの悩みに深入りしてしまい易さを

示しています。

そして巻き込まれてしまいます。

三浦春馬さんが自分自身のために正義感を発揮したと

言うよりも誰かが辛い目に遭っていることを見過ごせなくて

三浦春馬さん自身も巻き込まれてしまったと考える方が

妥当でしょう。

IC天秤座

実際に愛されるにしろ、そうでないにしろ

愛されるかどうかが居場所(心の拠り所)を作ります。

どちらにしても様々なプロセスを経て、甘え上手、

愛され上手になっていきます。

それが自分自身の居場所だからです。

三浦春馬さんにとって自分自身の居場所を得ることと

MCは、切り離せませんから表現者としての探求は、

終わることはないものでした。

実人生の中で愛されることを望みエネルギーを得て

次の自己実現を直感的に決めていくタイプの人です。

sponsored link

ICと目立ったアスペクト

1、ICと太陽のオポジション

自分自身の居場所と社会で見せる顔にギャップがあり、

悩みますが、ホロスコープ全体のバランス次第で

どちらかのキャラクターを優先させて統一しようと

しますが、仕事を優先した方が上手くいきます。

これは自分自身の居場所をないがしろにするという

意味ではなく、どのようなスタンスでバランスを

取るかということです。

幼少期の家庭が不安定だったか本人自身の健康に問題が

あったかも知れません。

2、ICと火星のトライン

このようなタイプの人の居場所は、活気があります。

自分自身の居場所と目標を往復するような感じです。

まったりとした雰囲気ではありません。

運動神経も良い傾向があります。

3、ICと海王星のスクエア

周囲の人に振り回される傾向があります。

自他の境界線が曖昧で、良く出れば過剰に親切ですが

そのような面を利用されることもあります。

自分自身が依存し過ぎていないか時々チェックすると

良いかも知れません。

イマジネーション豊かな発想ですが、現実的ではない

ところがあります。

必ずしもルーズというわけではありませんが、堅い仕事は

向かないでしょう。

傷付き易いところがあり、境界線を保てなくなる度に

依存する対象が変化します。

良い依存と悪い依存の区別がポイントです。

ICとのアスペクトですが、MCともスクエアになるので

両親との関係を第三者的に見直すことで心の安定を

図れる場合もあります。

4、ICとキロンのスクエア

心の居場所に亀裂があることを示しています。

三浦春馬さんは、天秤座のICと蟹座のキロンですから

愛されたい気持ちと他人の気持ちに寄り添う言動を

往復しながら少しずつICの表す精神世界を深めていきます。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!