10月14日からの逆行水星を使う幸運術

sponsored link

運を良くするということは、異なる自分自身に

なることではなくネイタルのホロスコープにある

様々な要素(天体や感受点のサイン・ハウス・アスペクト)を

トランジットの影響や他の人との相性を味方に付けながら

最高の状態を引き出すことです。

最高の状態と言うと一つのポイントだけを想像されるかも

知れませんが、今よりもより良い状態に移行していく

プロセスであればどこのポイントでも構いません。

つまり無限にあります。

この移動こそが運を良くすることであり、引いては

第8ハウスの生まれ変わりに通じていきます。

今日(10月14日)の午前中には、水星蠍座が逆行を

始めますが、この蠍座の力は、第8ハウスの生まれ変わりと

繋がるものであり、風の時代に突入していく計画の

見直しをするための逆行です。

見直しのための見直しではなく自分自身の中に深く蓄積

してきたものとアクセスすることで引き出す知恵です。

自分自身の中にある金鉱脈にアクセスする道筋を発見し、

それが現実に反映されることで今後(風の時代)

豊かになっていく自分自身のプランになります。

不思議な表現に思えるかも知れませんが、計画を

練るのでなく、既に完成している計画を観る、知るのです。

sponsored link

ホロスコープの読み方としては、逆行する水星蠍座が

自分自身のどこのハウスを動くのかチェックするだけです。

細かいことを言えば、逆行水星蠍座のスピード変化や

ネイタルの天体や感受点とのアスペクト等いろいろと

ないこともないですが、逆行する水星蠍座が自分自身の

どのハウスを丁寧に深掘りして強制的にアクセスさせようと

しているのか分かれば自動的に気が付くことが沢山あると

思います。

ホロスコープの読み方をシンプルに済ませる唯一の方法は

ポジティブであることです。

ポジティブな状態であれば考えなくてもちょっとした

きっかけで直感的に多くのことを悟れますから大丈夫です。

しかも自分自身にとって必要なことだけを悟ることが出来ます。

これは学びの短縮です。

近道です。

しっかりと睡眠や適切な休暇を取りながら夢を叶えて

生きていくには、常に真っ直ぐ本来の自分自身に向かって

いくことが鍵になります。

そのようなアプローチ方法は、客観的に見れば足り無い

ことだらけに見えるかも知れませんが、あれもこれも

やっていたら余暇どころか睡眠時間もろくになくなります。

ネイタルのホロスコープとトランジットの影響が

合わさって映し出される最高の表現は、常に何らかの

幸運を示しています。

常に良い方向(本来の自分自身)に向かって移動する

プロセスには、無限の扉がありますから迷わずに

踏み出して大丈夫です。

ただ怖いと感じる場合は、きちんと足元を見直して下さい。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!