見落としがちなホロスコープの読み方と幸運と鬱の関係

sponsored link

ハウスの基本的記事を書いても需要がないような

気がしますが、ホロスコープを使った様々な幸運術が

有効になり難い場合は、ホロスコープの基本的な

捉え方が異なることが原因である傾向があります。

各天体や星座には、男女の種類分け、若しくは能動的、

受動的の違いがあります。

このような違いをほとんど気に留めない方も

いらっしゃるかも知れませんが、能動的な天体は

心理的な距離を短く使うことになります。

少し分かり難い感覚かも知れませんが、火星を

使うつもりでいても目的とする対象から離れると

働きません。

代わりに金星が働いたりします。

勝手にスイッチが入れ替わるのです。

この程度の変化であれば何のこと?と思われるかも

知れませんが、自分の部屋に閉じこもって

あれをしたい、これもしたいとか

あの人と付き合いたいとか想像したままでは、

それはそれで楽しいし別の重要性がありますが、

あくまでもプライベートです。

ここまで心理的距離が離れればイメージし易いと思います。

自分の欲しいと思っているものが欲しいと考えるのが

幸運に対する正直な気持ちでしょう。

これは火星の距離です。

火星が熱くなって冥王星が発動するような考え方も

ありますが、冥王星は、蠍座の支配星であることからも

分かるように自分自身の意思だけではないものまで

引っ張り出します。

それが本意ならば、それもありです。

sponsored link

一般的なことを書いてきましたが個人のホロスコープは、

金星牡羊座で、火星が牡牛座とか天体の積極性と

サイン(星座)の積極性の組み合わせは、けっこうばらばらです。

それでも役割は、天体ですからサイン(星座)の性質を

考慮しつつも能動的な天体は、精神的な距離を実際に

効果が出る距離まで詰めていく必要があります。

受け身(自分を守ることを含む)は、対象から

離れていないとその対象の影の部分に触れたり

触れられたりしてダメージを負います。

繊細な人は垣間見るだけでもダメージを負うでしょう。

どんな存在や在り方を支える正反対の性質を背後に

抱えています。

冥王星や火星の距離感は、その影にまで触れるもので

海王星や金星は、表面的な部分だけを享受すると言えます。

実際は天体とサイン(星座)の組み合わせやトランジットの

影響もありますし、そもそもホロスコープの全ての働きを

考えて動くことは無理ですから、全体を感覚的に把握しながら

攻めていくのか守るのか(楽しむのか)行動の意味は

出来上がっていきます。

それを上手くやれるの運勢がいつなのか、どうかという

ことを考える意味はあります。

ただ人は運勢の操り人形ではないので、普段から積極的に

なる時と守る時の距離感を意識してみるとスイッチが

変わる瞬間が分かるかも知れません。

このスイッチは、入れようと思っていれるものではなく

行動が決めます。

これがコントロール出来なくなると鬱です。

出来るだけ日頃から満遍なく多くの面を使って切り替わりの

感覚を味わうことは大切です。

鬱にならないためではなく、自分自身を好む状態に

置いておくためです。

幸せは、能力の高さや種類ではなく(これは個性)、

感じる力をどう活かすかです。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!